被害男性は「聴覚にはまだまだ自信があるが、まったく気づかなかった」と言う。犬は比較的痛みに強い動物だ。加えて、アイメイトとして訓練を受けてきたオスカーは、人に対する攻撃性を持たない。全てのアイメイト/盲導犬がそうだということではないが、吠えることはおろか声を上げることもめったにないという。

出典何者かが盲導犬を刺す 被害男性「これは自分の“傷”」 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

タバコの火を押し付け、顔に落書き・・・ひどすぎる盲導犬へのいたずらの実態

さいたま市で起きた、盲導犬のオスカーが何者かに刺されてケガをした事件から、盲導犬がさまざまな被害にあっている事実が明らかになってきました。

このまとめを見る