1. まとめトップ

屠殺

家畜等の動物を殺すこと。

「屠殺」という言葉は、差別用語と見なされる場合がある。しかし「屠畜」以外に日本語に特に該当する言い換え語が無く、食肉加工業の中に曖昧化されて含まれる傾向が見られる

方法は各国の歴史文化などにより異なる。古くはイスラムなどで行われるナイフで頚動脈を切る、斧で首を切りつける方法であった。また特殊な例ではモンゴルなどで行われる心臓付近にナイフで傷をつけ、手を差し込んで心臓の血管をちぎるというものがある。

以前は人手でとがったハンマーで頭部を強打する方法や棒を射出する銃で狙撃する方法がとられていた。

動物の苦痛を減らすため電気ショック法や二酸化炭素などに変わった。また、世間一般の目には触れないようになっていった。

食肉をとるために家畜を殺し肉とする一連の作業をいうが,遊牧民族をはじめとして屠殺には多くの文化的な事象の反映が見られる。儀礼的に屠殺法を定めている民族も少なくなく,たとえばアイヌの熊祭〈イオマンテ〉で主役をつとめる熊は,男の子の花矢によって倒され,決められた作法によって解体される。熊の魂を彼岸に送るには,それなりの儀礼的手続がなくてはならないのである。 一般に屠殺という行為は,自然界からの生命の略奪であり,放置しておけば再生・増殖する生命の奪取を意味する。

具体的な方法

額にノッキングガンが発射され、頭蓋骨に直径一センチほどの穴を開ける。

失神している間に脳への酸素供給が断たれるので動物は意識がないまま死亡する。

素早く首にナイフが入れられ、顔の皮をはがされる。

裂いたときに流れ出る血液は火傷をするのではないかと思わせるほど熱い。

屠殺は旧来、家畜を飼っている各家庭では日常的かつ普遍的に行われていたが、これが次第に世間一般から隔離されるにつれて穢れのように扱われ、差別を被った事例もある。

日本でも明治時代よりの社会変化で食肉産業が発達したが、その当時の被差別部落などの絡みもあり、家畜の屠殺や解体に従事する者が差別を被るといった社会問題が発生した。

1