1. まとめトップ

【バス釣り】ソフトルアー・ワームの種類とリグまとめ

数あるワームのタイプとリグの方法や特徴を初心者にわかりやすくまとめてみました。

更新日: 2016年02月07日

19 お気に入り 120363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zealkameさん

数あるワームの種類とリグの方法・特徴をまとめました。

ソフトルアー(ワーム)とはその名の通り柔らかいルアーのことを言っています。

ワームにも様々なタイプが存在します。

ワームのタイプ

真っ直ぐな棒のようなワームです。
2インチから10インチを超えるような長いものまであります。
どのメーカーの商品も同じような形をしていますが、ワームの素材の硬さが違ったり、比重が違ったりしていて水中での動きはワームによってかなり違います。

カーリーテール

ストレートワームにカールした尻尾が付いたようなワームです。
これも2インチから10インチを超えるような長いものまであります。
また胴体の部分が少し太めのグラブと呼ばれるものもあります。

クロー・ホッグ系

エビやザリガニのような甲殻類をイメージしたワームです。
2インチから5インチくらいのものがあります。
テキサスリグで使うのが一般的ですがラバージグのトレーラにも良く使われます。

シャッドテール

小魚のような形をしたワームです。
2インチから6インチくらいのものがあります。
ジグヘッドなどと組み合わせて中層スイミングで使う事が多いですが、意外とワッキー掛けしてスイミングさせても面白い動きをします。

リグの種類

ノーシンカーリグ

オモリを使わない仕掛け、つまりフックとワームのみの仕掛けです。
幅広く探りたい場合、トゥイッチでミノーのようにダートさせて使えます。
ピンポイントでゆっくりフォールさせて使うことにも適しています。

野池やリザーバーなどでのオーバーハングをスキッピングで狙うような時にはこの組み合わせの独壇場です。

ワッキーリグ

マスバリやジグヘッドをワームの中心にセットします。
根掛りし易いのが難点ですがトゥイッチすると尺取虫のような動きで大きな波動を生み出します。
シャローを攻める場合やスローにフォールさせたい場合はマスバリにセットするワッキーリグ。
若干水深のある場所ではジグヘッドにセットするジグヘッドワッキーも良いでしょう。

テキサスリグ

バレットシンカーと呼ばれるオモリを使った仕掛けです。
根掛かりしづらい為、カバー周りで使うのに適しています。

水深、カバーの濃さ、好みのフォール速度に応じてシンカーの重さを調整しましょう。

ジグヘッドリグ

フックとシンカーが一体になった仕掛けです。
シンカー部の形状にはラウンドタイプ、フットボールタイプ、アーキータイプなどがあります。

シェイクしながら中層を狙ったり、ただ巻きで広範囲を探りたい場合に最適なセッティングです。

1 2