出典 ja.wikipedia.org

エルゼベエト・バートリ

「この彼女の無謀さ、大胆さは、嬰児殺しジル・ド・レエの錬金術に関する狂気の探求を思わせる。が、ジルと彼女とのあいだには、一つの決定的な相違があることを強調せねばならない。ジルはつねに悪魔ないし神に目を向けた、夢想家肌の男であり、悪事を犯すごとに悔恨の念に苛まれていた。一方、伯爵夫人の心には、彼岸に対する憧憬はまるでなく、悔恨の念はついぞ萌したことがない」

——『世界悪女物語』

この情報が含まれているまとめはこちら

幻想、倒錯、人形、毒薬…妖しくも美しい澁澤龍彦の世界

古今東西の歴史を縦横無尽に語り、独自の美の世界を繰り広げた澁澤龍彦についてまとめました。

このまとめを見る