1. まとめトップ

こんなにある!!日本のプロ吹奏楽団

日本のクラシック音楽文化は諸外国に比べると長くはないけれど、吹奏楽の実力においては日本においては世界規模の実力があり、そして日本には数多くのプロ吹奏楽団があります。大阪シオンに西村友氏就任。下野竜也氏も拠点を京都や広島に移してきました。大阪エリア激戦

更新日: 2019年08月12日

18 お気に入り 59651 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

musicamusicaさん

▼歴史ある日本を代表する吹奏楽団(プロ)

山形交響楽団の正指揮者も務めていた正統派指揮者

オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ
http://shion.jp/

西村友 正指揮者

吹奏楽コンクールの課題曲2016年の作曲者でもあるマルチなタレント性を持つ指揮者。ミュージカルやオペラ・バレエ

オーケストラ、吹奏楽、オリジナルミュージカルの楽譜は東京ハッスルコピーにて発売と益々活躍の場を広げている。

大阪市音楽団からオオサカシオンを名前を変えて民間独立へ

14年4月から民営化し、新たなスタートを切った大阪市音楽団。2015年3月16日より「Osaka Shion Wind Orchestra(オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ)」と名称を変更

作曲家の宮川彬良も応援している!

宮川彬良×Shion GO!GO!コンサート が何度も開催されている

東京吹奏楽団

http://tousui.jp/
東京吹奏楽団は日本の吹奏楽の発展に情熱を傾けた東京藝術大学教授・故山本正人氏(現東京吹奏楽団桂冠名誉指揮者)を囲む一流の管・打楽器奏者が集まり、1963年に、プロの吹奏楽団として創立。

 以来、定期演奏会をはじめ、特別演奏会・レコーディング・全国各地の学校における音楽鑑賞教室などの演奏活動を続け、『東吹』の愛称で広く親しまれるとともに、日本の吹奏楽の発展に貢献。

正指揮者:小林恵子

女性指揮者

これまでに、ハルヴィル城オペラ(スイス)、東京シティフィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団、静岡交響楽団、スリランカ交響楽団、ボンベイ室内オーケストラ等を指揮。新国立劇場等のミュージカル指揮、合唱指揮、ピアノ奏者としても多くの公演に出演。

▼若手も台頭する中堅吹奏楽団

出典hwohp.com

http://hwohp.com/hwo/Top.html

は1993年、国際平和都市広島を中心に活躍しているプロの演奏家によって設立されました。


2011年1月より国際的な活躍を続ける指揮者下野竜也氏が音楽監督です。

下野竜也・広上淳一のタクトでグイグイ表現力を増す広島ウインド

▼人気急上昇中の新進気鋭吹奏楽団

http://blitz-winds.org/

2003年4月Blitz Brass(ブリッツ・ブラス)として結成。

2013年4月結成10周年を迎え、一般社団法人Blitz Philharmonic winds(ブリッツ・フィルハーモニック・ウインズ)と改称。結成以来、「クラシック音楽のコンサートに足を運んだことのないお客様にも吹奏楽を通じて音楽の素晴らしさを伝えたい」というコンセプトを掲げ、年4回の定期演奏会では既存の型にとらわれない斬新なスタイルの公演を数多くプロデュースし、これまでの演奏会では入場制限をするほどの人気を獲得している。

松元宏康という若手実力派指揮者の起用のブリッツ

音楽監督には、当時米ネバダ州立大学ラスベガス校教授であった鈴木孝佳(TAD)

関西で活躍する若手プレイヤーが集い、1999年4月に自主運営の吹奏楽団として結成。 2005年9月のレコーディングを機に、フィルハーモニック・ウインズ・大阪(オオサカン)に改称。 同年10月より、音楽監督に元大阪市音楽団団長の木村吉宏氏が就任。 2006年6月、正式に日本初のNPO法人のプロフェッショナル吹奏楽団として第一歩を踏み出した。

依頼演奏や地方公演、小中高校の音楽鑑賞教室など、いずれも好評を博している。

1 2