1. まとめトップ

「自己啓発書」を読んで、何か変わりましたか?

毎年、自己啓発書や成功本と呼ばれる類の本が発売されます。しかし、これだけ売れていてるのに、なぜ毎年新しい本が発売されるのでしょうか?

更新日: 2015年09月17日

23 お気に入り 72862 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hanbe2さん

・そもそも自己啓発書とは…

そもそも「成功」って、なんなんでしょうね?

自己啓発書(じこけいはつしょ)とは、人間の能力向上や成功のための手段を説く書籍のこと

『思考は現実化する』『7つの習慣』『人を動かす』の3冊は必読の名作であり、最近のビジネス書、成功本、自己啓発本の元ネタと言っていいだろう。

・自己啓発書の特徴

余白の面積が広い

自己啓発に関する本はたくさん出ていますが、よく似たようなことが書いてあります。

だが、いずれも共通して、伝統宗教が部分的にしか見出さなかった「本当の真理」を見つけたと主張する

一見、科学的な装いではあるが、厳密な観測や証明を伴っておらず、むしろ非科学的である。多くは、いまだ解明できていない未知のパワーが存在すると説く

・一部の人に有効な方法を他人にも当てはめようとする

「朝の通勤10分で英語が話せるようになる」とか「りんごだけ食べてダイエットする」のように、内容が極端すぎてその方法が合っている一部の人にしか有効じゃないと思うんです

イチローが毎日必ずカレーを食べるからといって、草野球をやってる人は「よし! カレー食べてイチローみたいに打ちまくるぞ!」とは思わないでしょう

それなのに、多くの自己啓発本は、「カレーが成功の秘訣です」と自信満々で提示してきたりするから注意しなきゃいけないんです

たまに著名人とかが「これに出会って変わった」とか話があるけど、それは元々そういう素養がある人のきっかけの一部だっり、単に誰かに聞かれてとりあえず挙げてみたってのが多い。
要は後付。

・なぜ、毎年たくさんの自己啓発書が発売されるのか?

なぜ、毎年自己啓発本が売れるのか?

そもそも自己啓発書がこんなに売れるほど“意識の高いビジネスマン”が数多くいるのに、日本が不景気なままなのは何故なのか

出典http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130625/Davinci_002379.html

これまであまり本を読まなかった層に受け入られ、部数を伸ばしたのでしょう。

このような人たちに共通するのは、「ダメな自分を変えたい、人生を変えたい」という、一種のコンプレックスの克服意識です

一瞬で変われるかも知れませんが、
一瞬で元にも戻りそうです。

そもそも、変わる必要があるのかな?

皆、楽して儲けたいし、ザッカーバーグになりたいだろうし、あるいは痩せたいだろう。

「願うだけで望みがかなう」と力強く断言されれば、その本にあるノウハウを試してみたくなってくるだろう

普通に読書として読むのならありかもですが、ビジネスに繋げるという意味で読んでいるなら読まない方がいいですよね(笑)

つまり、本屋さんで自分が書いた自己啓発本(=バイブル)を買ってもらって、読んでもらう。

そして、感動した読者を高額なセミナーや教材に勧誘するのです

1 2