1. まとめトップ

【薬物別】逮捕された芸能人リスト…覚醒剤、大麻、コカインなど

薬物汚染が激しい芸能界。タレント、俳優、ミュージシャン、芸人、スポーツ選手…。薬物で逮捕歴がある芸能人・有名人はたくさんいます。そこで、逮捕された芸能人を薬物別にまとめてみました。随時更新予定です。

更新日: 2016年12月22日

kurumama23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 3760819 view
お気に入り追加

2016年10月25日、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を数十グラムを所持していたところを、大麻取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕される

1977年、大麻取締法違反で逮捕(起訴猶予処分)。
1983年、ウドー音楽事務所に包丁を持って押し入り、銃刀法違反で逮捕。泥酔状態で、「外国人ばかり使うな」などと叫んでいた模様。
2011年、元交際相手の女性に復縁を強要。さらに、女性宅の玄関の鍵を付け替えて侵入などをしたとして、同年5月13日、強要未遂と住居侵入の疑いで逮捕。

1983年、大麻取締法違反(所持)で逮捕。1年間の謹慎。
1984年、酒気帯び運転による人身事故で業務上過失傷害で逮捕
2004年10月、交通事故を起こし業務上過失致傷罪で現行犯逮捕
途中降板となった主演映画の出演料をめぐってプロデューサーに脅迫電話をし、2005年2月、恐喝未遂容疑で逮捕。

1977年、麻薬取締法違反容疑で逮捕。懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受ける。
1981年、19歳女性への強制わいせつ致傷容疑で逮捕。後に示談が成立し、不起訴処分となる。同年12月にも、大麻パーティーで大麻を使用とした大麻取締法違反容疑で取り調べを受け、容疑を認める。

1995年1月24日、大麻取締法違反で逮捕。この時、国生さゆりと不倫していたことが明るみになる。3月16日に起訴猶予処分となる。

1977年10月、大麻取締法違反で逮捕。
1984年、大麻取締法違反で二度目の逮捕。懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。

2001年(平成13年)9月、大麻とコカインを自宅に隠し持っていたとして、大麻取締法、及び麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕。何れも不起訴処分。

1977年、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕。懲役8ヶ月、執行猶予2年の判決が下る。

1977年 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕(後に起訴猶予処分となった)。これにより約半年間芸能活動を自粛。

2005年10月18日、大麻取締法違反(所持)で懲役8ヶ月執行猶予3年の判決が下る。
2010年2月10日、大麻取締法違反(所持)で逮捕。同年5月12日、懲役8ヶ月の実刑判決が下る。

LSD

2001年8月20日、大麻取締法違反で逮捕。同年9月7日、家宅捜索の結果、自宅からLSD が発見され、麻薬及び向精神薬取締法違反で再逮捕。その後、同年11月2日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。

出典prcm.jp

1989年4月21日、LSD使用による麻薬取締法違反で逮捕。懲役6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。

MDMA

合成麻薬MDMAを服用したとして2009年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕。同年11月2日、懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の判決が下され、MDMA服用の件について確定。
その後、ホステスを死なせた保護責任者遺棄致死罪で逮捕。2012年2月13日、致死罪は認めず保護責任者遺棄罪を認めて、懲役2年6月の実刑判決が下る。
2012年3月29日、東京拘置所に収監される。服役期間は最長で3年6か月になる予定。

コカイン

1978年、アヘン所持で逮捕。
1990年1月、アメリカのホノルル空港で下着にマリファナとコカインを入れていたとして現行犯逮捕。帰国後、日本でも逮捕。懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決が下る。

2014年11月13日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕。
「王様のブランチ」元レポーター。

危険ドラッグ

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は1月11日までに、危険ドラッグを所持したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで、NHKアナウンサーの塚本堅一容疑者を逮捕。

トルエン

2001年6月、トルエン所持による毒物及び劇物取締法違反で逮捕。所属事務所に解雇され、芸能界より引退。

1 2





【芸能関連まとめ】
 逮捕歴 http://urx.nu/aGx3
 黒歴史 http://urx.nu/aGxc
 激太り http://urx.nu/aGxh

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう