1. まとめトップ

今月は31日があるかないかを一瞬で判断する覚え方

カレンダーが手元に無い時、今月や来月は31日まであったけ?と考えるときありませんか。そんなときに思い出す方法をまとめました。

更新日: 2014年09月04日

5 お気に入り 97544 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

setunevさん

今月は31日ある日でしょうか無い日でしょうか

覚え方を紹介

その1:語呂合わせ

西向く侍(にしむくさむらい)→ 二四六九士 から、ひと月の日数が31日以外の月名(小の月)をまとめたもの。士は漢字を分けると「十」と「一」になることから、11月を表す

その2:手の甲を使う

指のコブシを使って下さい。
まず最初は、手をじゃんけんのグーにして、人差し指のコブシを反対側の指で指して下さい。
これが一月にあたります。
次に人差し指とい中指の間のくぼみを指します。
これが二月です。
次に中指のコブシに移ります。これが3月になります。
この要領でコブシ→くぼみと小指のコブシまでたどり着きますと7月まできます。
ここで折り返しですが、8月も7月と同じ小指のコブシを指します(これがポイントです)。

人差し指の山=1月
次の谷 =2月
中指の山 =3月
次の谷 =4月
薬指の山 =5月
次の谷 =6月
小指の山 =7月
Uターンして
小指の山 =8月(ここだけ同じ)
手前の谷 =9月
薬指の山 =10月
手前の谷 =11月
中指の山 =12月

山は31日。谷は30日です。

ちなみに

ただしご存知の通り2月だけは特別で28日(4年に一度は29日)なのでそこだけはまあ頑張って覚えましょう。31日ではない、ということはこれで分かります。

うるう年の判別法

1.西暦年号が4で割り切れる年をうるう年とする。
2.【1】の例外として、西暦年号が100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。

2に当てはまる次の年は西暦2100年なので、基本的には1だけでよいでしょう。2016年、2020年、2024年と4の倍数でうるう年です。

いかがでしょうか

1