1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

もしや左遷なの?石破前幹事長が就任した「地方創生担当相」とは

第2次安倍改造内閣で、新設した地方創生担当大臣に自民党前幹事長の石破茂氏が就任しましたが、「地方創生担当相」は非常に重要な役目を担っていました。

更新日: 2014年09月16日

15 お気に入り 56108 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kus0masaさん

▼石破前幹事長が、「地方創生担当大臣」に就任

第2次安倍改造内閣がスタート

安倍総理大臣は3日、内閣改造を断行して第2次安倍改造内閣を発足させ、新設した地方創生担当大臣に自民党前幹事長の石破茂氏を起用しました。

自民党の石破茂前幹事長を地方創生担当大臣に起用した理由について、安倍晋三総理は「改造内閣の大きな政策課題の一つは地方創生、もうひとつは安保法制を実行していくことで、石破さんは両方とも専門家」と評したうえで「正に、石破さんは地方から信頼されている」と適任の理由にあげた。

首相官邸から電話を受けた後、記者団に心情を語る石破氏

「6年ぶりか…」。3日午後2時前、地方創生担当相での入閣を知らせる電話を受けた石破氏は、官邸に向かう議員会館のエレベーターの中でつぶやいた。

2008年の農林水産相就任以来の入閣になる

石破地方創生担当大臣は記者会見で、「若い世代が元気に働き、子どもを育てることができる地方づくりを後押ししていく。従来の公共事業の延長をやるつもりはない」と述べました。

▼安倍氏とは安全保障政策に関する考え方で意見が対立していました

石破氏は先月25日のTBSラジオの番組で、安保法制担当相について「首相と100%(考えが)一緒という人が(国会で)答えるのが一番いい」と発言。

自民党の石破茂幹事長は、安全保障法制担当相への就任を固辞する理由として、安倍政権との安全保障政策に関する考え方の違いを挙げている。

出典毎日新聞

▼一部では左遷では?という噂も

安倍晋三首相と石破氏が会談し、幹事長更迭が事実上決まった。

窓際防衛担当 RT 石破が分かり易い左遷ポジションで笑いました。谷垣氏はディフェンス重視で、個人的には防衛相の江渡氏がいぶし銀な感じでいいですね。

首相は閣僚として遇するようだが、まあ左遷には違いない。

政権交代を成し遂げた安倍晋三首相との“二枚看板”は形を変えて終息し、来秋の総裁選も視野から遠ざかる。

▼それでも、「地方創生担当相」は重要な役目です

地方の過疎化は国家レベルの大きな問題です

政府は、人口減少や地方の衰退といった課題に国を挙げて取り組むため、今回の内閣改造で、「地方創生」の担当大臣を新設しました。

安倍総理大臣は、「地方創生」を「アベノミクス第2弾の大きな柱」と位置づけていて、内閣改造後、速やかに、みずからを本部長とする「まち・ひと・しごと創生本部」を発足させ、秋の臨時国会に地方都市の活性化などを目的とした関連法案を提出する方針です。

地方の自治体では、若者を中心とした人口流出に対し有効な対策を打ち出せていないところも多く、今後の国の政策に期待する声が上がっています。

地方創生担当相が新設されたことについて、関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)は3日、「安倍総理の地方再生にかける強い思いの表れで、大変頼もしい」と歓迎した。

上田清司知事は3日の第2次安倍改造内閣について「機動力のある地方が主体的に地域の産業や雇用を創出していくことが日本再生の鍵になる。地方創生担当相が創設され、実力派の石破前幹事長が任命された。地方としても期待したい。」とコメントした。

石破さん、この笑顔で頑張ってくださいね

1