つまり、グーグルは、自社が日本向けに提供しているサービスについても、『通信の秘密に関する規制が及ばない』という立場をとっているのです。

過去にも、Yahoo!メールがメールの内容に応じた広告を表示する機能を導入しようとした際に、国内事業者であるヤフーについては『通信の秘密』への抵触が問題視されたのに、先行していたGmailは問題とされなかった、ということもありました。

したがって、日本でも米国と同様に、グーグルによる監視が行われるおそれはあるでしょう」

出典グーグルが「Gmail」を解析して犯罪を通報「プライバシーの侵害」ではないのか? - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ツイッターも口コミもメールも…ビックデータや解析でネットでのあなたの動向は丸裸?

今やビック・データの分析の向上で、ネットを利用すれば情報だけではなく、その動向や嗜好さえも分析や解析され丸裸にされてしまいます。されどネット社会だけに利用しないわけにはいかなく、ある程度のリスクを背負う覚悟を持って使うしかないか、または使わないか。

このまとめを見る