1. まとめトップ

【一年戦争】ガンプラ旧キットまとめ 【ベストメカコレクション】

ガンダム ベストメカコレクションのまとめ。※1/144スケール以下のみ ※MSVは除く

更新日: 2016年10月11日

Bunny_Robberさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 175109 view
お気に入り追加

地球連邦軍

▼機動戦士 ガンダム

背景の効果が強烈な印象のガンダム。
機体名が無い変わりに、ロゴが他に比べて大きめ。

肩の接続部が複雑なキット。4本あるビームサーベルのうち、2本を自分で短くする必要があります。

子供の頃は、これだったんですよ。
今回HGやRGとの比較に買って組み立ててます。
300円が子供のお小遣いでは結構大変だったなあと
思いながら塗装もしてます。

▼連邦軍試作型モビルスーツ ガンキャノン

どっしりとしたスタイルのガンキャノン。
初出撃は第8話の「戦場は荒野」です。

この前ネットで(ユーチューブ)ガンプラPVでガンキャノンの面白い作例が紹介されててやはりこのシリーズの奥深さを改めて感じました。やはり造る楽しさを知るとなかなかプラモ造りはやめれませんな〜。

上記の方がレビューで言っている動画とは、多分この動画のことだと思います。^^

▼連邦軍重装甲型モビルスーツ ガンタンク

月面を走るガンタンク。第3話「補給艦を叩け!!」のシーンから。
このときはカイとハヤトが搭乗していました。(リュウはコアファイター)

▼連邦軍量産型モビルスーツGM(ジム)

第29話「ジャブローに散る」が初登場のジムですが、パイロットにシン少尉が描かれていることから、この箱に描かれているのは36話の「恐怖!機動ビグ・ザム」でのソロモンの施設内だと思います。

(左手でスプレーガンを持ってる。。)

肩の接続構造がガンダムより改善されているキット。ガンダムでは塞がっていたシールドの覗き穴も開口されています。
ビームサーベルも長いものと柄だけのものが付属。

人生でガンダムよりジムを何機作っただろうか?
ジムキヤノンやジム Uなど色々考えて造る楽しさがある〜また安いからこのシリーズは嬉しい一品です。

ジムのやられっぷりが印象的なあのシーン直前を表現したジオラマ模型。
※この回で「散った」のはウッディ大尉です(ゾックも)。

アニメの雰囲気そのままの背景画が好印象。
大小のモビルスーツが付属した、サービス感のあるキットです。

▼連邦軍量産型モビルスーツ ボール

通常サイズと小さなサイズが同梱されているボール。
物量で押す連邦軍を良く表している絵です。

大小共に、非常に出来の良さそうなキット。
台座の支柱が曲線状になっていることにセンスを感じます。

古いキットですので塗装は必須ですが、完成時のスタイルはとても良くHGUCジムの隣に並べても違和感が無いほどの出来です。

欲を言えば腕の付け根がLM版のボールK型のようにボールジョイントで動く仕組みだと最高でしたがディスプレイモデルとしては問題なしです。

1/250のおまけボールも非常に良い出来です。
こちらは目玉にデコストーンを貼ったり、塗装を自分の好きな色で塗ったりと遊ぶにはもってこいの大きさです。

▼大気圏内外両用戦闘機 コアブースター

なかなか再販されなかったキット。コアファイターが付属します。
映画『めぐりあい・宇宙編』にて、005のスレッガー機と006のセイラ機が登場しました。

小学生の頃、MSのプラモを買いに行ったら目当ての品物がなく、代わりにこれが目につき購入してみました。あまりプラモを作ったことがなかったのですが、それでもなかなかの出来映えに。そうなってくると、接着剤のはみ出しや色塗りのはみ出し箇所の失敗が悔しくなり、後日おこずかいを貯めて再購入した経験があります。MSと違ってアチコチ可動するわけではありませんが、その分丈夫で、幼かった弟が遊んでも壊れませんでした。生まれて始めて出来映えに満足した思い出のキットです。

1 2 3 4 5 6 7 8





Bunny_Robberさん

雑食です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう