1. まとめトップ

【イラスト講座】 色鉛筆で超リアルな質感を出す塗り方 【キャラ絵編】

デジタル絵もいいけどアナログ絵もいいよね!

更新日: 2016年12月14日

1190 お気に入り 2386950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naratsukaさん

それは、親しみ深き画材の一つ

まるで写真のような出来栄え。圧巻です。

どうみても写真にしか見えませんが、シャーペンの下書きから色鉛筆で色を塗って完成させるところまでの過程を4分ちょっとで見られる映像。

こんな映像を見せられちゃうと、自分も色鉛筆で絵を書きたくなっちゃう!

ということで、ちょっとまとめてみることに。

◆色鉛筆で色を塗るには?

丁寧にわかりやすく解説してくれている人がいたので。

Q:入門には何色ぐらいのやつから入ればいい?

オススメは24色~36色くらいかな
多すぎると何色使っていいのか分からなくなるし
少なすぎると使いたい色が無いなんて事があるからね

”知り合いに向けて描いた自分の塗り方が出てきたから貼るね 参考になるかな”
http://moera123.blog.fc2.com/blog-entry-392.html

Q:ティッシュでこすってぼかしてる?

ぼかす事もあるよ
本当にぼやけちゃうし、紙も汚れるからあんまり多用はしないけれど

◆色鉛筆でキャラ絵を描くには?

こちらは実際に描きながら解説。

わかりやすかったので、段階ごとにまとめてみました。(のちに筆者もこの手順で描いたみた)

じゃあ、描くキャラ決める
安価が良いかな?

アデーレ・バルフェットちゃん!!

紙を傷めないように筆圧弱めに描く事

ペン入れの要領で下書きの線をちゃいろでなぞる

肌や髪の色に馴染む色なら何色でも大丈夫だと思うけど
ちゃいろの方が線見やすいのでちゃいろにしてある

筆圧強く下書きしてるとここで後悔する事になる

見難いけど、肌の部分にうすだいだいを乗せたよ
後で色を重ねていくから、この段階ではささっと塗るだけでおk

だいだいいろで影になる部分を塗る
ここもあまり強く色を乗せすぎないように

やっぱり女の子の肌はピンクが良いと思うので
だいだいいろの上からももいろを重ねて、さらに一回り大きく影をつける

ももいろを重ねた更に上からうすだいだいを塗る
ももいろを肌に馴染ませる感じで

ここのうすだいだいはちょっと強めに入れていく

金髪キャラだから睫毛も金なんだろうなぁと思って
やまぶきいろで描いてからちゃいろでなぞった
この辺は自己満足の世界である

あくまでもベースだからこれもさっと塗る程度
ハイライトの部分は最初から塗らないか塗った後にホワイトを入れるか悩む
今回は最初から塗らない方向で

塗る時は鉛筆を立てるよ

動かす方向は、ちょっと説明が難しいのだけど
例えばベースを///って左斜めに塗ってたら

次に重ねる色は\\\と右斜めに動かしていく
さらにそこに色を重ねる場合は│││と縦に動かす

かけあみの要領で色を重ねていくって言えば良いのかな

瞳孔部分と虹彩(?)部分にむらさきを入れてみた

目の塗り方について詳しくはこちらへ

◆【イラスト講座】 色鉛筆で超リアルな質感を出す目の塗り方4ステップ
http://matome.naver.jp/odai/2144015022722646501

1 2