1. まとめトップ

【受験戦争】小6女児2人が一緒に飛び降り自殺…子ども達を取り巻く「中学受験によるストレス」の現状とは

過熱する受験戦争の中で起きた悲劇なのだろうか。東京都大田区のマンションの敷地内で、小6女子児童2人が一緒に自殺を図り死亡した。2人は中学受験を控え、勉強が大変で疲れている、と言っていたという。現時点で断定は出来ないが、過熱する受験戦争が2人を受験ノイローゼに追い込んだ可能性もあるのだろう。

更新日: 2014年09月06日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 40208 view
お気に入り追加

小学6年の女子児童2名が一緒に飛び降り…

・過熱する受験戦争の中で起きた悲劇なのだろうか。東京都大田区のマンションの敷地内で、中学受験を控えた女子児童2人が一緒に自殺を図った。当初の報道では「1名死亡1名重体」となっていたが、その後2人とも死亡したことが明らかになった。2人は中学受験を控え、勉強が大変で疲れている、と言っていたという。

5日午後3時40分頃、東京都大田区下丸子のマンション敷地で、同区立小学校6年の11歳と12歳の女子児童が血を流して倒れているのを男性が発見し、119番した。2人は全身を強く打って病院に搬送されたが、2人とも死亡した。

・9月5日夜の時点の報道では「1名死亡1名重体」とされていたが、その後、日付が変わった頃の報道では「2名とも死亡」という表現になった。

2人が倒れていた場所の真上にある7階と8階の間の非常階段の踊り場に靴が2組そろえておかれていた。

・この2名は、おそらく仲が良かったのだろう…。悲しすぎる。

警視庁池上署は女児らが一緒に飛び降り自殺を図ったとみて、2人の身元や詳しい経緯を調べている。

・なぜ「一緒に飛び降り自殺」したのだろう…。

自殺に至った理由は「中学受験の疲れ」?

どちらも中学受験を目指していたといい、「勉強が大変。寝る時間が少なくなる」などと冗談めかして話していた

女児らのクラスメートという女児(12)は「2人は中学受験を控え、『勉強が大変で疲れている。よく眠れない』と言っていた。とても仲が良かったのに、どうしてこんなことになったのか」と話した。

・自殺の動機について現時点で断定はできない(いじめなどの別の理由があったのか、報道を見る限り定かではない)が、亡くなった2名の児童の生前の言動から考えられることとして、受験勉強によるストレスや疲れが原因だった可能性があるといわれている。

そもそも、公教育への不信から中学受験が盛んになった経緯があるが、過熱する競争による弊害も指摘されている

地元学区の公立中学校について、校内暴力やいじめが横行するなど荒廃著しい教育困難校の状態に陥っている場合には、中等教育学校や私立中学校への受験と進学は、家庭を挙げての転居などを行うことなく、その様な劣悪な環境を回避するためにできる数少ない選択肢の1つ

・もちろん、名門中学・高校でいじめや校内暴力が皆無というわけではないのですが、世間的には「公立より私立のほうがまし」と思われているため、いじめや校内暴力の被害を避けるために中学受験が盛んになった経緯がある(ただ、こうした動機で「名門校」に入っても、現実にはそうした学校でもいじめが激しかったりするため、結局は後悔するケースも多いのですが…)

受験のための準備は長期間にわたり、また膨大な量の学習が必要とされるため、児童および保護者の心身に大きなプレッシャー・ストレスとなり、様々な影響を与える。

・高校受験や大学受験でも同様の指摘があるが、中学受験の場合は対象年齢が12歳より下の、幼い年齢だという点も考慮して考える必要がある。中学受験の負担の大きさが、児童にとって本当に適切なのだろうか、という疑問の声もあるだろう。

学習塾へ通う場合には小学校の授業に引き続いて授業が行われ、膨大な学習量をこなさなければならず、朝食・夕食の時間の確保すらままならないこともある。夏季休暇などの長期休暇中は連日朝から晩まで学習塾で学習漬けという者も多い。

・高校受験や大学受験のときに楽できるから中学受験で頑張ろう・・・と考えていても、小学6年生にとってあまりに過酷な「受験対策」に追われている子ども達は多い。

大手進学塾では、6年生の夏期講習で、一日に必要な勉強時間は10時間にもなる。秋になると、週末も含めて、週に6日も塾に通いつつ、模試も受ける。

・これでは、成績が上がる前に、体力的につぶれてしまうほうが先になってしまうのではないだろうか…。

また、学校によっては中学受験のストレスによって荒れる学校も出てきている

授業中に漫画を読んだり、騒ぎ立てたりと、一部の小学校でクラスが荒れているという。背景には中学受験があり、荒れる生徒は受験のストレスにさらされていることが多い

・これについては、このまとめの作成者の私自身の出身小学校でも見られた現象でした。私の出身小学校の場合、中学受験率が高いわりに、結局は地元の公立中学に進学する同級生が圧倒的に多い学校だったのですが、授業中の学級崩壊も酷かったし、何よりも、激しい競争の「裏返し」からなのか、学校で勉強するといじめの対象になる(休み時間に授業用の資料集を読んでいたりするだけでも、いじめられることになったりとか)現象を経験しました。

1