1. まとめトップ

【必見】子供が歯医者で泣きわめかないようにするコツ!

歯医者で泣き叫んでいるお子さんは多いかと思います。子供が歯医者嫌いにならないためのちょっとしたコツをまとめました。

更新日: 2015年02月03日

ELIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 43344 view
お気に入り追加

大人でも怖い歯医者さん・・・

あのキーンって音と特殊な臭い。削られる感じを思うと足が遠のきますね…。

子供はもっと怖いと思っています

泣き叫んで治療が出来ず、先延ばしにしたことありませんか?先生も困ってるし、親も泣きたくなります…

歯医者嫌いにならないコツは?

歯医者が「苦手」「嫌い」という方は、大人でもたくさんいます。そうした苦手なイメージの大半は、お父さんとお母さんの何気ない言動や行動によって植え付けられてしまうことが多いようです。本当は、お父さんとお母さんに歯医者さんを好きになってもらうことが一番の早道なのですが、なかなかすぐには難しいでしょう。少なくともお子さんの前では『何気ない言動や行動』に注意してください。お子さんが歯医者に対して一度苦手なイメージを持ってしまうと、大人になっても歯医者への足が遠のいて、適切なケアがむずかしくなってしまいます。

何気なく「歯医者嫌だなー」とか子供の前で言ってませんか?

1.口を開けることになれる

子供は、口の中を触られるのを非常に嫌がります。日ごろからお父さんやお母さんがお口の中をのぞいてあげましょう。そしてやさしく仕上げ磨きをしてあげてください。できればご両親だけでなく 祖父母の方やご兄弟姉妹など、いろんな方にしてもらうことで 自分以外の誰かに口の中をみたり触られることに慣れるようにしてください。

2.歯医者を脅し文句にしない

子供がイタズラをしたり、わがままを言ったときなどに『歯医者に連れて行って注射してもらうよ』などと脅し文句に使っていると、「歯医者=罰」というイメージがすり込まれてしまい、歯医者に対していやなイメージを与えてしまいます。

3.不意打ちで連れて行かない

お子様が行きたがらないことを心配して、何の説明もなしに突然連れて行くと、心の準備ができていないお子さんは、身構えてしまい、必要以上に歯医者を怖がるようになってしまいます。通院の前には必ず歯医者へ行くことを伝えてあげてください。

4.子供にかけてはいけない5つの言葉を言わない

「何もしないから」(「診てもらうだけだから」)

「何もしない」って言ったのにベッドに寝かされて口の中をのぞかれた。「診るだけ(『見るだけ』ととらえているかもしれません)」って言ってたのに歯みがきされた。当の本人はこう感じるかもしれません。その結果、次からは「もう行きたくない。また言ったことと違うことされるんでしょ。」となるかもしれません。

「痛くないよ」

そこには「これからされることはちょっと痛くて嫌なことかもしれないけど、先生が痛くならないように上手にやってくれるから」というニュアンスが含まれています。勘の鋭い子どもは「本当はこれから痛いことをされるんだ。お母さんは僕を安心させようとして『痛くないよ』って言っているんだ。」と自分なりに解釈してしまいます。結果として「いやだー!」となってしまうわけです。
普段の生活でも本当になんでもないことをするときにわざわざ「痛くないよ」とは言いませんよね?

「すぐに終わるから」

お子さんにとっての「すぐ」は1分かもしれません。ひょっとしたらたったの5秒かもしれません。「すぐに終わる」って言われたから5秒だけ頑張ったのに10分も我慢しなければいけなかった。嫌ですよね。いつまで耐えればいいのか「すぐ」だとわからないので不安が解消されません。

「歯みがきちゃんとしないからだよ」

まず、そのむし歯ができてしまったのはお子さんだけに責任があるのですか?
仮に百歩譲ってそうだったとしても、今まさに治療の不安や恐怖に耐えている子どもにこの場でかけなければいけない言葉ですか?

「痛くない?」

治療中、治療後子供につい、『痛くなかった?』と声をかけてしまいがちです。子供にとって痛くなかった?は痛いと同じ意味。治療中は我慢できたのに、これで泣き出してしまう子供もいます。
「痛くなかった?」は禁句です。

5.なるべく子供が機嫌の良い時間に

3歳ぐらいまでのお子様であれば、お昼寝の時間帯をさけて午前中に連れて行く、空腹時などはなるべく避けさけるなどの配慮が必要です。子供の日頃の生活リズムを考えて予約を入れ、時間に余裕を持って出かけるのがよいでしょう。

6.お父さん、お母さんがまずリラックス

子どもは常に親御さんのことを観察しています。お父さん、お母さんの心配や緊張は、子供は敏感に感じ取ります。歯科医院に着いたらお父さん、お母さんはあくまでもリラックスしてください。歯の治療なんて全然平気だよという雰囲気で、ニコニコしてゆったり構えることが子供の緊張を和らげるのにも役立ちます。

7.治療ができたらきちんとほめてあげましょう

1 2





ELIさん

このまとめに参加する