1. まとめトップ
  2. カラダ

秋の免疫力低下は「おばさん肌」を加速させる!?注意すべきポイントとは?

ハタチのようなツルすべ肌を維持するには、意外にも「免疫」が関係しているかもしれない。きれいな肌を維持している人は免疫力が優れているそうです。少しでもお肌の老化を防ぐため、免疫力低下を避けるために主要なことをまとめてみました。

更新日: 2014年09月06日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
192 お気に入り 68921 view
お気に入り追加

秋はお肌のトラブルが出やすくなる

暑い夏から寒い冬へと向かう季節の変わり目である秋は、肌にとっては要注意の時季でもあります。

お肌は秋に年を取る、と言われるように、強い紫外線を浴びて夏の猛暑をくぐり抜けた秋口のお肌は、1年のうちで最もダメージが蓄積された状態。

この頃お肌の調子が悪くて…きっとそんな方は多いはず。それもそのはず、秋は「お肌の老化がはじまる季節」なんです。秋の間に「夏のダメージ」をきちんとリセット出来ているかいないかで、その後の美肌度を大きく左右します。

秋は免疫力が落ちやすい時期

夏から秋に変わる変り目には免疫力が弱い子供または大人たちは風邪などにかかりやすいです。また肌トラブルも多くなる時期。

秋~冬にかけては空気が乾燥する季節。風邪やインフルエンザの原因となるウィルスは乾燥したところが大好き。お肌にとっても身体にとっても気をつけなければいけない季節です。

免疫力が強いと、風邪やインフルエンザ、生活習慣病、ガンなどを予防することにつながります。

免疫力は身体だけの話ではありません。肌トラブルをおこしにくい“肌体力のある”肌でいるためにも重要です。

秋の肌は抵抗力が落ちていて、不安定でデリケートな状態となっています。生活環境の変化も重なり、秋に肌トラブルで悩まされる人は増えています。

免疫力の低下は不摂生な生活や加齢が原因かも!

免疫力が低下する原因として、加齢、睡眠不足、運動不足、偏った食生活、ストレス等が挙げられます。

「風邪をひきやすくなった」「風邪をひくと治りにくい」「慢性的な微熱がある」「吹き出ものや肌荒れが目立つ」…。年齢とともにそう感じることはありませんか?それは、免疫力の低下と深い関わりがあるかもしれません。

仕事で深夜まで残業が続いたとか、寒風にさらされて寒い思いをしたとか、そんなあとに風邪を引いたり、過労で倒れたりすることがよくありますが、これも免疫力の低下によるものです。

きれいな肌の持ち主は共通して免疫力を意識している?

季節の変わり目は肌トラブルや体調を崩しがち。そこで、美肌や美体型にこだわるモデルたちに、日頃から気をつけていることを聞いてみたところ、二人そろって出てきた言葉が"免疫力"。

「免疫力を高めるように生活をするだけで、肌コンディションもUPするし、体調や体型もKEEPできるようになった!」そう。

免疫力のことを知ってから、なるべくストレスはためないようにしてる。仕事の悩みをウジウジ考えないで、友達に相談したり...

肌にも「免疫力」がある

お肌にも菌やウイルスなどが毛穴から侵入してこないようにブロックするための免疫機能があります。

吹き出物でボコボコ、柑橘(かんきつ)類のような肌は完全に肌免疫のシステムが異常な証拠!

身体に害をもたらす細菌やウィルスは、常に顔の皮膚や身体にも侵入しようとしてきています。それをきちんとブロックできないと、簡単に吹き出物ができたり肌荒れを起こしてしまうのです。

この肌免疫力、じつは最近の研究で紫外線ダメージや、年齢や精神的なストレスでも低下することが判明……。残念ながら、ちょっと刺激に弱いよう。

免疫力は年齢と共に下がっていく免疫力を上げるよう意識!

年齢により免疫力が低下するのは、私たちの健康を守る免疫細胞(NK細胞)が衰えてしまっているためだと考えられています。免疫力は20~30歳代でピークを迎え、40歳以降は下降線をたどります。

免疫力は、生活習慣や食生活を見直せば間違いなくアップします。免疫力がアップすれば肌細胞が元気になり、それによって肌機能が正常に行われ、健康でつややかな美肌がキープできるということになります。

免疫力アップのためには、皮膚や歯を丈夫にしたり、血行を良くしてくれたり、肌に張りを与えてくれたりと、さまざまな働きをしてくれるビタミン類が欠かせません。

1 2





sun3355さん