1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

blousesさん

タキタロウとは?

タキタロウは体長が2mから3mともいわれるが、捕獲例が非常に少ないので詳細は不明である。しかし、過去に何度も大型魚がこの大鳥池で目撃されており、何らかの大型魚が存在するものと考えられている。

「タキタロウ」は、山形県鶴岡市の大鳥池で目撃された巨大魚のUMAなんだ。

どことなく鮭に似ていますね

体長は約1.5~3m。身体が縦に長く斑点がある。体表はヌルヌルしており、下あごが長い。非常に警戒心が強いと言われている。

タキタロウが登場する最も古い文献は、松森胤保『両羽博物図譜』(1885年)で、この中の「岩名」の項目に「大物ヲ瀧太郎ト云 五尺計ノモノ大鳥川ヨリ流レ来ルコト有ト聞ク」という記述がある。

大鳥池に多数棲息することが知られているこの怪魚は体長7尺から1丈の大きさ。口は三つ口で兎に似ていて、下あごの先が長く伸びて上あごの先にくい込んでいるなど様々な伝説がありますが、学問的には既知の魚ではない別種の魚類とされています。

目撃例、捕食例もちゃんとある

1917年、水門調査に来た作業員が、投網でタキタロウ2匹(1.5m、40kg)を捕獲。その後食した。
また、目撃された地域には言い伝えがあり、1200年前に「約4mほどの大きな鳥が池の方へ飛んでいた。それを追うようにして大きな魚が沢を上って行った」という。

食べちゃったんですね

タキタロウが世間に知られるようになったのは1982年

タキタロウが世に出たのは1982年(昭和57年)7月。

以東岳へ登山中の4人グループが、1250m地点で大鳥池湖面を泳ぐ大型の魚群を発見したことから始まる。

早朝6時15分~28分までの13分間、魚影は湖面北西部に反時計回りに移動し、西のくらの沖合を南下するクサビ形の魚群波の中に発見。
クサビ形魚影波は体長20~30センチ位の姫鱒の群であるが、その波立つ間に黒く丸い巨大魚の背面が7~8尾黒っぽく濡れて光って、クサビ形の水面上を絶えず見え隠れしていた。
その背面の目視できた部分だけでも1メートルはあり、頭部尾部を考えると2メートル前後はあるものと思われる。

人気漫画にも登場

1975年には、矢口高雄の漫画『釣りキチ三平』の中で「O池の滝太郎」と紹介され、全国的に名が知られるようになる。1980年には同作品のテレビアニメ版にも登場した。

体長約2メートルとされる巨大魚はタキタロウと呼ばれ、漫画「釣りキチ三平」で取り上げられたことで、全国に知られるようになった。

そんなタキタロウがいると噂されるのが山形県鶴岡市の大鳥池

山形県・新潟県境の朝日山地にある以東岳北麓、山形県鶴岡市大鳥に位置する。赤川水系本流の東大鳥川上流にあり、川が堰き止められできた堰止湖とされる。

大鳥池は古くから女人禁制とされ、非常に神秘的な湖であった。1926年(大正15年)になりはじめて、旧制山形高等学校教授の安斉徹によって調査が行われ、日本では珍しい花崗岩地にある湖であること、それまで考えられていた断層湖ではなく堰止湖であることなどが確認された。

神聖な池なのですね 
巨大魚タキタロウがいてもおかしくないかも

タキタロウは山形県鶴岡市の貴重な観光資源

タキタロウまつりが開催されています

朝日連峰の北稜以東岳と幻の魚「タキタロウ」が棲息する大鳥池の山開き行事。魚のつかみどり、山菜直売、カヌースクールなど自然をいかした様々なイベントが行われる。

タキタロウ館なんてものもあります

タキタロウが実在するかはともかく地域活性化に貢献しているのは良いことですね

1 2