1. まとめトップ

《アトピー治療の五大原則》薬に頼らず、本気で治したい人限定!!

中途半端な気持ちでは実践しないでください。意志の固い人はどうぞこちらへ。

更新日: 2017年07月19日

74 お気に入り 118775 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tigermoniさん

このまとめを実践するとアトピーの9割くらいは治ります。しかし、我慢を強いることが多くまとめを実践できるかどうかがポイントです。

改善してくると、自分に自信がつきますし、楽しくなります。

高額な商品を買う必要はありません。下記に示す生活改善をもれなく行うことに尽きます。

細かい私見がだらだらと書かれていますが、全て読んでください。

軽傷アトピーの方は生活にそれほど不便を感じていないので、たぶん途中でドロップアウトすると思います。是非、重症の方に試して頂きたいです。

軽症であっても、絶対に治したい人、意志が固い人は試みてください。「治ればいいな、やってみようかなぁ」程度ではたぶん途中で断念すると思います。

短くて1~2週間、長くても1ヵ月で改善傾向に入ります。完治をめざすには1年は我慢する。

改善が実感できると続けられます。そのため最低1ヵ月は実践しましょう。

もし治らない場合はアトピーでないか、またはまとめをしっかり実行できていない人。

生半可な気持ちでこのまとめを実践してほしくないです。中途半端にやって治らなかったと思い込んでしまうと治る可能性を捨ててしまうことになります。やるなら徹底的に、覚悟を持って実施すること。

軽症の人はできればステロイド薬を使用しない。

ステロイドを使用すると、まとめ実践の効果との判別がつかなくなるからです。かゆみ止めの内服薬や保湿剤は使用してよい。ステロイドを使用するとアトピーが治りにくくなるという意味ではないです。

重症アトピーはステロイドを使ってもいい。使用していても、まとめ実践で改善傾向に入れば自然に廃薬できます。

まとめの実践による改善なのか、薬による改善なのか判断しにくくなりますが、基本的に使用していいです。薬を使用することで治りが遅くなることもありません。
重症の人が急にステロイドをやめると非常に悪化して危険です。まとめをしっかり実践できれば勝手に治っていくので自然と廃薬できます。

ここからが本題!生活習慣の改善が基本です。

基本ができていない人が多すぎる。薬に頼りすぎ。ずっと薬に頼り続け、生活習慣を改善しない。そのため、徐々に悪化する。行きつくところは、重症アトピーで生活が破綻する。この段階で自分の生活習慣の誤りに気が付けるかどうかが重要。

①食習慣の改善(甘物・油制限)、②合成界面活性剤禁止、③排便コントロール、④平熱36.5℃、⑤姿勢矯正が治療の基本です。

5大原則を絶対に忘れないこと。日常生活で常に意識して行動する。姿勢に関しては、最近かなり重要だと感じることが多く、付け加えました。

大前提として、人間の身体は食べたものから作られていることを再認識すること。

この大前提を理解できていない、または忘れている人が多すぎる。普通に考えれば当たり前のこと。三食ジャンクフードで丈夫な皮膚ができるはずがない。インスタント食品やスイーツでできた身体がまともに機能しますか?

【重要】便秘の改善がアトピー改善につながる。

アトピー患者に便秘は非常に多い。腸は免疫臓器であるため、便秘で腸の状態が悪いと免疫反応に異常が生じるのだと考えられます。無農薬野菜のように体にいいものを摂っていても便秘していたら意味がない。

便だらけの身体に綺麗な皮膚が作られるはずがない。

普通に考えてみてください。なんとなく理解できますよね?

便秘薬を使用せず自然に排便が得られることが重要。

原因は不明だが、薬を使用して出すのではダメな印象。腸管は人体最大の免疫臓器であり、腸の状態が悪いと免疫が誤作動を起こすと考えられます。自然に便意を感じるようになりたい。1日1回が理想。

便秘には野菜、果物、ヨーグルト、キムチ、乳酸菌飲料、漬物、納豆がよい。

ヨーグルトはもちろん無糖で!オリゴ糖ならかけてもよい。オリゴ糖は腸内細菌の餌になり、善玉菌優位の状態を形成します。キムチは食べ過ぎないこと。辛味が腸を荒らす可能性があります。ヨーグルトの砂糖入りは禁止です。

1 2 3 4 5 6