1. まとめトップ

こんなにもあった!日本のご当地うどん

うどん県の方でなくとも、週に1回は食べている人も多いのではないでしょうか?調べてみたら、全国にはいろんな種類のうどんがありました。

更新日: 2014年09月08日

1 お気に入り 7258 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

humihikoさん

豪雪うどん(北海道)

じゃがいも(男爵いも)のでん粉を原料にしてつくった北海道 倶知安町のご当地うどん。白く透き通ったキレイな雪のような麺です。

稲庭うどん(秋田県)

日本三大うどんのひとつ。少し細めで平べったい麺が特徴。細いけどコシがあり、つるつるした食感がとてもおいしいです。

甘ったれうどん(宮城県)

もちもちっとしたうどんに、特製のタレをからめて食べます。甘いタレなので、好みがわかれます。

ひっぱりうどん(山形県)

茹でたうどんを納豆などで作ったタレにつけて食べます。地域の農家では納豆をよく作っていたことから生まれた食べ方だそうです。

耳うどん(栃木県)

耳の形をしたうどん。栃木県仙波町では、このうどんをお正月に食べるのが習慣になっていて、耳うどんは悪い神様の耳を意味しており、耳を食べてしまえば家の話を悪い神様に聞かれることがないから、一年間悪いことが起こらない、つまり、魔除けになるといわれているそうです。

成富うどん(千葉県)

成田の有志が成田に新しい名物を作ることを目指し開発されたご当地グルメ。成富うどんの名前は「富が成る」という言葉から演技を担いで命名されたそうです。

おっきりこみ(群馬県、埼玉県)

麺は幅広で、野菜を中心とした具とともに煮込みます。ほうとうに似ていますが、生麺のまま煮込みます。

上州うどん(群馬県)

油揚げとネギが入っている温かいつゆがお椀に入った付け汁につけて食べます。麺は平たく太く、縮れた白い麺。

桐生うどん(群馬県)

ふっくらとしていながらコシの強い麺が特徴。市内にはうどん屋さんが多く「桐生うどん会」まで設立されているそうです。

ひもかわうどん(群馬県)

群馬県桐生地方に伝わる幅広麺のうどん。きしめんのルーツでもある「芋川(いもかわ)うどん」がなまったものとも伝えられます。TVなどで紹介され特に注目を集めた10センチ以上幅の麺は、桐生市内のふる川などのお店で食べられます。

水沢うどん(群馬県)

コシと弾力があり、ところどころ透き通るつるつるした白い麺が特徴です。一般に冷たいざるうどんで提供されます。

加須うどん(埼玉県)

手捏ね・足踏みと、寝かせを通常の2倍程行い、切った後にごく短い時間棒に掛けて干すため、強いコシが特徴です。

冷汁うどん(埼玉県)

埼玉県の大宮・川越・加須あたりでは家庭を中心にマイナーに存在するつけ汁うどん。ごま、白味噌、シソの葉、砂糖などをすり鉢ですり潰し、冷水やだし汁を加えてよく混ぜ合わせて伸ばしたつゆで食べます。

川幅うどん

埼玉県を流れる荒川の川幅が日本一(2,537m)と認定されたことにちなんで生まれたうどん。麺の幅は7~8cm。

武蔵野うどん(東京都)

麺の色は薄い茶色というか灰色で、太さは箸ほどもある極太麺。ざるに盛ったざるうどんに熱いつけ汁でいただくのがオーソドックスなスタイルです。

1 2 3