マルチナ・ナブラチロワは、1981年の全豪オープン優勝を契機に無敵の強さを発揮し始める。

1982年に全仏オープンとウィンブルドン選手権を制覇して4大大会3連勝。

この年からウィンブルドン選手権に前人未到の「6連覇」が始まる。

1983年のウィンブルドン選手権から1984年の全米オープンまで、2年間にまたがる4大大会「6連勝」を達成。しかし年末開催の全豪オープン準決勝でヘレナ・スコバに敗れ、“年間”グランドスラムを逃してしまう。(4年後の1988年にシュテフィ・グラフが年間グランドスラムを達成したため、ナブラチロワの2年間にまたがる記録は「グランドスラム」認定から取り消された。)
1987年にウィンブルドン選手権で6連覇を達成。

出典マルチナ・ナブラチロワ:Martina Navrátilová

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る