1. まとめトップ

いちご鼻(黒ずみ)角栓スッキリ!究極のプチプラ裏ワザ8選

鼻にある毛穴のブツブツ黒ずみ(イチゴ鼻)は皮脂が酸化してしまったもので、毛穴が塞がれている状態。これが角栓です。この角栓を放っておくと毛穴の開閉や皮脂分泌が正常に行われなくなります。角栓スッキリ!プチプラテクニックを8選まとめました。

更新日: 2018年03月01日

925 お気に入り 2527292 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GohanUSAさん

▼ゼラチン+牛乳で作る『毛穴パック』

アメリカで話題になっている、剥がすとき痛みがなく、皮膚を傷つけないお肌に優しい毛穴パックです。鼻だけでなく、顔全体のパックもできます。
下記で紹介しているオロナイン毛穴パックでも、このゼラチン毛穴パックでお試しください。

【用意するもの】
・粉ゼラチン 大さじ1
・牛乳 大さじ2

※鼻だけの場合、この分量ではかなり多いと思います。
分量は調整してください。

【作り方】
耐熱容器に材料を入れて混ぜ合わせ、レンジで10秒加熱します。
温まる程度で十分です。熱くしないよう気を付けてください。

ステップ1:刷毛を使って鼻に塗ります。

レンジから出したらすぐ刷毛で塗布してください。時間が経つと固まってしまいます。
鼻に塗ったらこのまま15分置きます。

ステップ2:
15分経ったらゆっくり剥がします。

私の鼻にあった角栓です。皮膚をキズつけることなく見事に取れました。

▼ベビーパウダースクラブ洗顔&パック

【用意するもの】
・ベビーパウダー 小さじ1
・いつもの洗顔料

混ぜて洗顔します。

ステップ2:
蒸しタオルで毛穴を開かせます。

蒸しタオルを30秒ほど鼻または顔全体に乗せ毛穴を開かせます。
※水に浸して軽く絞ったタオルをレンジで20~30秒温めます。

【作り方】
牛乳100CCにベビーパウダー大さじ2
をまぜて、ヨーグルトぐらいの硬さをつくる。

【やり方】
①お肌にのせます。
②10~15分くらい置きます。
③ぬるま湯で洗い流します。
④保湿、毛穴引締めも忘れずに!

▼即席でできる卵殻膜の毛穴パック

卵の内側の薄い膜を卵殻膜といいます。
先人の知恵として昔から、傷口に卵の薄皮を貼って傷をふさぐ治療法がありました。

卵殻膜の主成分はタンパク質で18種類のアミノ酸とコラーゲン・ヒアルロン酸で構成されています。中でも注目したいのがメラニンを抑制してくれるという「シスチン」というアミノ酸で人の肌の5倍以上も含まれています。また保湿力も抜群!

http://www.treviode.net/pages/keyword_rankakumaku.html

やり方

①殻にヒビを入れて卵殻膜をはがす。
② 卵殻膜が取れたら、小鼻に貼る。
このとき卵白で濡れている面を内側にする。
③ 数分間放置し、卵殻膜を乾燥させる。
④ 卵殻膜が乾燥し肌が引きつれるように感じたら、端から卵殻膜をはがしていく。

▼卵白+ティッシュパック

卵白には「リゾチーム」という酵素が含まれており、これが毛穴に詰まった角栓を溶かして出やすくしてくれます。また引締め 、保湿作用などもあります。

【用意するもの】
・卵白
・ティッシュ(できるだけ薄いもの)
・塗る刷毛
・蒸しタオル・冷水タオル

【作り方】
①ティッシュ・トイレットペーパーが2~3枚重ねのものだと、1枚に剥がしてお使いください。顔に当てる部分に合う大きさに切っておきます。
②軽く卵白を混ぜます。

ステップ1:
ぬるま湯で洗顔します。蒸しタオル等で温めて毛穴を開かせておきます。

ステップ2:
毛穴の気になる部分(鼻、顎、頬など)に刷毛で卵白を塗ります。

ステップ3:
卵白を塗った部分にティッシュを貼りつけます。

ステップ4:
ティッシュの上からもう一度刷毛で卵白を塗ります。

ステップ5:
乾いたら剥がして、蒸しタオル⇒保湿(化粧水等)⇒冷水タオルで毛穴を引締めます。

剥がした後、蒸しタオル(毛穴を開かせる)⇒保湿(化粧水・乳液等)⇒冷水タオル等(毛穴引締め)します。

▼はちみつ+卵白のメレンゲパック

【用意するもの】
・卵白 1個分
・はちみつ 小さじ1

●はちみつは浸透性、保湿性が高く、殺菌・抗菌作用や消炎作用もあり、美肌づくりの強い味方。

●面倒ですが、メレンゲ・ホイップ状にした方が肌への吸着力が高まり、気泡が汚れを吸着してくれやすくなります。

1 2