1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

高齢になってからも運動を多く行うことで、免疫系の衰えを防ぎ、感染症を予防できることが、英国で実施された調査で分かった。調査に基づく論文は今月8日に、英科学誌「エイジング・セル」に掲載された。

125人の長距離サイクリスト(現在80代の人も含む)を調査したところ、その免疫系は20歳相当のものだったという。

今回の調査に参加し、論文の共同著者でもあるキングス・コレッジ・ロンドンのノーマン・ラザルス教授(82)は、「もしエクササイズが錠剤だったら、誰もが飲んでいただろう」と話した。「エクササイズは、体、心、筋肉、免疫系に幅広い恩恵をもたらす」

論文の共同著者、バーミンガム大学の炎症・老化研究所の所長ジャネット・ロード教授は、「免疫系は20代以降、毎年約2〜3%の割合で衰えていく。高齢者が感染症、リウマチ性関節炎や、可能性としてはがんのような疾患に感染しやすいのはそのためだ」と語っ

晩年を迎えた多くの人々にとっては、階段を上ることすら厄介になる。しかし日本には、­短距離走やハンマー投げや棒高跳びを楽しむ元気な高齢者たちがいる。100歳を超えて­いる人も。

【9月4日 AFP】晩年を迎えた多くの人々にとっては、階段を上ることすら厄介になる。しかし日本には、短距離走やハンマー投げや棒高跳びを楽しむ元気な高齢者たちがいる。100歳を超えている人も。

1