1. まとめトップ

元気の前借り状態!? エナジードリンクが危険と話題に・・。

エナジー系ドリンクが危険と話題に!危険な理由と注意すべきことをまとめました。

更新日: 2015年12月31日

kyontaro01さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 22921 view
お気に入り追加

人工透析患者から健康な人への伝言が話題に

現役の人工透析患者から健康な人への伝言なんですが、エナジードリンク系は元気の前借りなのはそうなんですが、さらに対価として腎臓とか肝臓にものすごい負荷を与えるので、元気の前借りとは別に、一定数溜まると体の内部で爆発する火薬も仕込まれていることを忘れないで頂けると幸いです。常飲ダメ!

エナジードリンクとは?

カフェインや糖分、パテトン酸などの成分を含み、清涼飲料水として販売されている飲料。

エナジードリンクは体力・持久力の補給などをうたい、製品や販売地域によっても異なるがアルギニン、バリン、ナイアシン、ガラナといった成分を含んでいる。他の清涼飲料水に比べてカフェインの含有量が多く、強炭酸の喉ごし、強い甘さなどが、おおむね共通した特徴であるといえる。

エナジードリンクの主な特徴

主なものは以下のとおりです。
 ・炭酸飲料である
 ・容量が350mlを超えるものもあり、飲み応えがある。
 ・カフェインを筆頭にアミノ酸やハチミツ、生薬エキスなどの成分を含む
 ・「アガル」「ヤバイ」「翼を授ける」「チャージ」といった、いかにも効果を感じられるかの様なキャッチコピーが添えられている

飲みすぎ注意!死亡例も・・・

■体調不良や死亡が多発
2012年11月、米国で『5-hour ENERGY』を飲み92人が体調不良を訴え、13人が死亡、33人が入院しました。10月にも、『モンスター・エナジー』により5人が死亡、1人が心臓発作を起こしています。これらの事実を受けて、米国のFDA(食品医薬品局)が調査に乗り出しています。
モンスター・エナジーを飲みなぜ死亡事故が発生したのでしょうか。2011年12月に1日に2缶を飲んだ10代の少女が死亡し、その検視結果で死亡の原因は「カフェインの毒性による心臓の不整脈」と判断されました。

2008年4月にも心臓に持病を持った人が『レッドブル』4缶を飲み死亡する事故があり、急性的なカフェイン摂取により心臓発作を起こしたと考えられています。

死亡者が出ているのは、米国では「モンスターエナジー」の商品名で販売されている飲料で、大量のカフェインが含まれている。昨年12月に不整脈で死亡した14歳の少女は、死亡する前の2日間に続けて、大きいサイズのモンスターエナジーを飲んでいたという。

カフェインの過剰摂取って?

急性カフェイン中毒は、一般的な成人では1時間以内に6.5mg/kg以上の摂取で約半数の人に、3時間以内に17mg/kg以上の摂取でほぼ全員に起きるといわれています。

体重70キロの人の場合 1時間以内だと・・・

・アメリカのモンスターエナジー473ml缶を3本
・日本モンスター355ml缶を3本半
・日本のレッドブル250ml缶を6本

体重70キロの人の場合 3時間以内だと・・・

・アメリカのモンスターエナジー473ml缶を7本半
・日本モンスター355ml缶を8本半
・日本のレッドブル250ml缶を15本

飲み物のカフェイン含有量は?

カフェイン量は250ml缶で80mgです

355mlで142mgのカフェインが含まれています

容量:250ml
カフェイン量:80mg

100mlあたり50mg含まれています

30〜80mg(350ml). 正式には公表されていないようです。

40-180mg(150ml). 缶コーヒーは種類によってかなりバラツキがある模様。ドリップよりインスタントの方がカフェイン量は少ないです

皆様飲みすぎにはくれぐれも注意です!

1

関連まとめ





新参者ですが真摯にまとめていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>