1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

市長は否定…?美濃加茂汚職事件で、会社社長が起訴内容認める

岐阜県美濃加茂市の浄水プラント導入を巡る汚職事件で、市長に対し計30万円を渡したとして、贈賄罪などに問われた設備会社社長の公判が8日、名古屋地裁であった。会社社長は、「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めている。

更新日: 2014年09月09日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 8404 view
お気に入り追加

●浄水プラント導入を巡る汚職事件で、会社社長が美濃加茂市長への贈賄認める

市長の藤井浩人被告(30)=受託収賄などの罪で起訴=に現金を渡したとして、贈賄などの罪に問われた経営コンサルタント会社「水源」社長、中林正善被告(44)の公判

被告は「間違いございません」と述べ、収賄側の市長藤井浩人被告(30)に賄賂を渡したとする起訴内容を認めた。

・検察側は冒頭陳述で、現金授受の状況に言及した

冒頭陳述で、検察側は「同席者が席を外した時に『これ少ないですけど足しにしてください』と言いながら

封筒に入れた現金を藤井被告に渡した」「藤井被告は『すみません、助かります』と言って、受け取った」などと指摘した。

・しかし、市長は一貫して否認している

市長は逮捕以降、一貫して否認しており、8日の公判後に「中林氏が述べていることは事実と異なる」とコメントした。

同被告の弁護団は、検察側の主張が中林被告の一方的な供述に基づくものだと指摘している。

藤井被告は約2カ月ぶりに保釈された8月25日の記者会見で「(中林被告が)なぜうその証言をしたのかと、強く憤っている」と語った。

・被告は昨年3月、市長に設備導入に便宜を図るよう依頼し、10万円を渡したとされている

被告は昨年3月、当時市議だった藤井市長に設備導入に便宜を図るよう依頼。

市の担当課長に導入検討を促してもらった見返りなどとして、4月2日に市内のファミリーレストランで10万円を渡したとされる。

さらに、藤井被告が市長選出馬の意思を固めていた同25日には、市長就任後も便宜を図ってもらうよう頼み、名古屋市内で20万円を渡したとされる。

・Twitter上では疑問の声も

有力者への献金という営業手法はなくなってほしい。普通に企業間でもあることだが、滅んでほしい。 美濃加茂市長への贈賄認める=設備業者「間違いない」―名古屋地裁(時事通信) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-…

結局、証拠は証言だけなの? "美濃加茂市長への贈賄認める=設備業者「間違いない」—名古屋地裁 on.wsj.com/1usaNBM @WSJJapanさんから

何か聞けば聞くほどこの話が事実なのかどうか良くわからなくなる。30万程度で転ぶものなのか?美濃加茂市長への贈賄認める=設備業者「間違いない」―名古屋地裁(時事通信) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-…

中林被告の意図が今ひとつわからない→美濃加茂市長への贈賄認める=設備業者「間違いない」—名古屋地裁 on.wsj.com/1usaNBM @WSJJapanさんから

前から予定されていた市長選ではなく、市長選があるかどうかも、藤井さんが市長になれるかどうかもわからないこの時点で現金を渡すっておかしくないですか?;美濃加茂市長への贈賄認める=設備業者「間違いない」―名古屋地裁(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-…

供述のみだと何とも言えない:美濃加茂市長への贈賄認める=設備業者「間違いない」—名古屋地裁 on.wsj.com/1usaNBM @WSJJapanさんから

・美濃加茂市長は、今回の汚職事件で2カ月勾留されていた

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう