1. まとめトップ

ずんずん運動・乳児死亡の真相(噂)とベビーマッサージ・NPO代表の言い分~警察が介入

乳児に整体、ずんずん運動とは?生後間もない赤ちゃんに施すマッサージ「ずんずん運動」で乳児が死亡?と報道されています。警察も介入したNPO団体の言い分とは?キッズスタディオンの姫川裕里代表のマッサージと事故との因果関係は?ずんずん運動・やり方・インタビュー動画、ホームページ(HP)などチェック。

更新日: 2018年04月27日

17 お気に入り 686815 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tbizさん

大阪市で2014年、「ズンズン運動」と称した独自の乳幼児向け施術で生後4カ月の男児が死亡した事件をめぐり、神戸市に住む両親が、施術をしたNPO法人の姫川尚美・元理事長(59)と元副理事長の男性に損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁(山口浩司裁判長)は14日、請求通り約5200万円の支払いを命じた。

■ずんずん運動 乳児死亡NPOの理事長逮捕 <追記>

▽ついに刑事事件に発展。。(ずんずん運動)

「免疫力を高める」としてマッサージのような施術を受けた生後4か月の男児(神戸市)が死亡した事件で、大阪府警は4日、施術を行った新潟県上越市のNPO法人理事長・姫川尚美容疑者(57)を業務上過失致死容疑で逮捕した。

2015.8.4

男児の死亡以前にも施術を受けた乳幼児数人が意識を失ったり体調が悪くなったりして病院に運ばれていたことがわかり、府警は、姫川容疑者に危険性の認識があったと判断した。

病院に運ばれた男児には、懸命な蘇生措置が施されたものの、その6日後にこの世を去った。司法解剖の結果、死因は低酸素脳症による多臓器不全だった。

姫川元理事長は昨年、男児への業務上過失致死罪で禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決を受け、確定した。

▽民事でも提訴される(ずんずん運動)

神戸市内の生後4カ月の男児が死亡した事件をめぐり、両親が慰謝料など約5200万円の損害賠償を求めて神戸地裁に提訴

2015年9月25日

姫川被告は今年8月、男児に対する業務上過失致死罪で禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決が確定。その後、新潟県内の当時1歳10カ月の男児を窒息死させたとして同罪で起訴された。

#ツイッターから

確か刑事裁判では執行猶予がついていたな。

刑事訴訟のときに遺族への賠償を理由に執行猶予を求めていたはずだけど,別の事例なのかな。

ズンズン運動の女ついに訴えられたね。当たり前だわな。

<<追記>>ここまで

■ずんずん運動で乳児が死亡、事件との因果関係を否定するNPO代表

NPO法人代表自身が生後4ヶ月の男子に対し、ひねったりもんだりするマッサージを施した後、45分後に呼吸停止、低酸素脳症による多臓器不全で死亡。
▼代表自らがマッサージを考案
▼国家資格はない
画像は、日テレnews24より

乳児死亡のニュース(大阪)、過去にも新潟てNPO代表が自ら行った施術で死亡事故が起きています。NPO代表は事故との因果関係の有無について、「わからない」「知らない」と述べている。

<見出し>
■ずんずん運動で乳児が死亡、事件との因果関係を否定するNPO代表

■ずんずん運動とは?キッズスタディオンとは、どんな団体?

▽ずんずん運動とは? ズンズン運動の施術の様子が分かる画像
▽ずんずん運動、NPO法人 子育て支援ひろば キッズスタディオン
▽姫川代表、施術の様子

警察によりますと、今年6月、大阪市淀川区にある子育て支援を行うNPO法人の事務所で、代表の女性から首をもむなどの施術を受けた神戸市の生後4か月の男の子が意識不明になって病院に運ばれ、6日後に死亡したということです。

2014年6月 生後4ヶ月男子が死亡

事件現場となった同法人の「関西サロン」は大阪市淀川区の大阪市営地下鉄東三国駅にほど近い住宅街の一角にある施設で開かれていた。近隣住民によると、昨年9月に閉鎖するまで多くの親子が出入りし、日中は赤ちゃんの泣き声が周囲に鳴り響いていたという。

施術開始から約45分後に呼吸が止まり、その後、低酸素脳症による多臓器不全で死亡した。

法人の代表は取材に応じ、「死亡との間に因果関係はない」と主張した。

2013年にも新潟県で同じマッサージを受けた乳児が死亡した事件があり警察が事件の経緯を調べています。

NPO法人の女性代表は、赤ちゃんが自分から気持ちよさを求めて首を動かしている。と言い張っている。正常な赤ちゃんの首の稼動範囲は40度である。

1 2 3 4 5