1. まとめトップ

永遠に使えるペン!「インクの要らないペン」が凄い!

フェラーリのデザインで有名なピニンファリーナ社が、イタリアの文具メーカーと提携して、インク不要で一生使えるという高級ペンを発売した。その名も「4.EVER・ピニンファリーナ・カンビアーノ」。その仕組みや画像、日本で買えるか?等をまとめてみました。

更新日: 2014年09月11日

689 お気に入り 313028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

「インクの要らないペン」が登場!

フェラーリのデザインで有名なピニンファリーナ社が、イタリアの文具メーカーと提携して、一生インク不要で使える高級ペンを発売しました。

「4.EVER・ピニンファリーナ・カンビアーノ」は、ピニンファリーナ社と、イタリアの文具メーカー、ナプキン社との共同開発で生まれた。

インクが不要で一生使えるという高級ペンだ。永遠=forever を 4.ever とするあたりすでにオシャレな空気が出ている!

その仕組みや書き心地は?

合金製のペン先が紙との間に生じる摩擦により酸化、これにより跡、つまり文字が記される、というカラクリなんですって。しかもその書き心地は、とってもなめらかなのだそうですよ。

カンビアーノのペン先には、鉛筆のような線が引ける「イサーグラフ」と呼ばれる合金チップが取り付けられています。鉛筆との違いは、削る必要がないところですかね。

実際に書いたもの

従来のボールペンとは違い、筆圧に応じて鉛筆のようなタッチで描けるのに消しゴムでは消すことが出来ない線を引くことが可能。

いつまで使えるの?

ペン先は減らないので、いつまでも使い続けることが出来るとのこと。書き心地は鉛筆のように細かな描写が描ける一方で、書いた文字は消しゴムで消えないことから“ハイブリッドなペン”として注目を集めています。

インクのないこのペンはインクの補充要らず。なんと100年経っても書き続けることができるそうです!

小説を丸々1冊書き上げても大丈夫などころか、6部作の大作だって1本で書けてしまう。カンビアーノ・ペンが壊れる前に、こちらの手がおかしくなってしまいそうだ。

洗練されたデザイン

「ピニンファリーナ」といえば、フェラーリ、アルファ・ロメオ、ロールスロイス、マセラッティなどクルマのデザインで知られる、イタリアを代表するデザイン会社。

インクを必要としない、この画期的な構造もさることながら、注目すべきはやはり「ピニンファリーナ」ならではな、洗練されたデザイン。

商品名にもなってる「カンビアーノ」っていうのは、ピニンファリーナがプロデュースした最新コンセプトの電気自動車なんだけど、そのクルマをイメージした流線型のなめらかなフォルム、そしてシルバーと木の美しいコントラスト。

2012年に同社がプロデュースした富裕層向けの電気自動車「カンビアーノ」をイメージした流線型フォルム、そしてシルバーと木の美しいコントラスト。シンプルであることはイコール、飽きがこないということ。

でもお高いんでしょう?

価格はさすがに少しお高めの、12,000円ほど。しかし一生ものと考えれば決して高くありません。ギフトにも最適です。

年齢問わず一生使える逸品は、プレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。

もちろん、自分用でも、ビジネスシーンなどで”良いペン”が必要となる人も多いだろう。そんな人にもおすすめの品である。

1 2