1. まとめトップ
  2. カラダ

名前がちょっと怖いけど…「肩甲骨はがし」が気持ちいい♪

このストレッチ気持ち良いです。

更新日: 2016年03月04日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10244 お気に入り 3246653 view
お気に入り追加

なんだか恐ろしい方法に聞こえるけど…

「肩甲骨をはがす」と聞くと鶏の手羽先をむしるようで痛そうな想像をしてしまいますがご心配なく。

肩甲骨はがしと言うとなんだか恐ろしいことのように聞こえますが、単に肩甲骨を動かしてストレッチすること

「肩甲骨」とは?

肩甲骨の場所は、両手を背中に回して、肩の下部に出っ張っている骨

「天子の羽」とも呼ばれるように、本来は可動域が広く自由な動きをします。

肩甲骨は人間の身体能力のパフォーマンスを非常に大きく左右する部位

機能的に動く状態にあることは、運動時も日常生活でも多くのメリットをもたらしてくれます。

「肩甲骨はがし」はどんな効果があるの?

とにかく肩こりにめっちゃ効く

肩甲骨というのは呼吸をする時に動くはずなんですが、呼吸が浅い現代人はその動きが悪いんだそう。そのせいで肩甲骨周辺の筋肉の動きも悪くなって肩こりの原因になってしまいます。なので肩甲骨を動かすことで周辺の筋肉もよく動き、肩こりの根治につながるわけですね。

肩こりで血行が悪くなったり、可動域が小さくなっているのを改善してあげるのが「肩甲骨はがし」

猫背だって解消できちゃう

長時間のデスクワークやスマホを使っている時って背中が丸まって猫背になりがち。そうなってしまうと肩甲骨周りが凝り固まっていって姿勢がどんどん悪くなっていってしまいます。なので猫背を解消予防するためには、肩甲骨を動かしてほぐしてあげることが大切になってきます

背筋も自然と良くなるので、猫背の改善や、姿勢の悪さが原因で起こる腰痛などにも効果があります。

この肩甲骨はがし。ダイエットにも効果的なのです。

首から下、肩甲骨周りには「褐色脂肪細胞」が多く存在しており、これを刺激をして活性化することでダイエットに効果があるとされています。

「褐色細胞」を刺激して燃焼系ボディに

肩甲骨周辺には、代謝を高めて脂肪を燃やしてくれる「褐色細胞」が多く存在しています。なのでここを動かして刺激するだけで脂肪がメラメラ燃える燃焼系ボディにしてくれます。

さらに肩甲骨を意識して動かしながらウォーキングをすれば、骨盤や下半身の筋肉もよく動くので体脂肪が燃えやすくなるとされています。

姿勢の悪さはバストが小さく見えてしまうだけでなく、お腹がぽっこりと出てしまい、ヒップもたれて見えがち

「肩甲骨はがし」の方法は?

「肩甲骨はがし」をすることにより、普段の生活ではあまり動かすことのない肩甲骨を動かすことができます。

①寝ながら「肩甲骨はがし」

仰向けになり、両手を肩の高さで広げ、背中も大きく広げるイメージでリラックス。


ソース
http://magazine.gow.asia/beauty/column_details.php?column_uid=00001793

左手をそのまま天井の方に伸ばし、指先が肩甲骨を引っ張るように、肩甲骨を床から離し、そのまま右腕方向に。


ソース
http://magazine.gow.asia/beauty/column_details.php?column_uid=00001793

そのまま左手の平、右手の平を合わせるように、左背中全体をゆっくりストレッチ。この時、お尻が浮き過ぎないように注意。ゆっくり左手を床に戻し、反対側も同様に。5回を目安に、ゆっくり動作しましょう。


ソース
http://magazine.gow.asia/beauty/column_details.php?column_uid=00001793

②上げ下げストレッチ

1 2





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する