1. まとめトップ

【2019年更新版】「上級救命講習」を受講しよう。所要1日。無料で受講できるところも!

人の命を救う技能を学ぶ救命講習は、できれば誰もが学ぶべきもの。修了すると仕事にもプラスになるかもしれない、有用で有益な資格です!

更新日: 2019年04月05日

63 お気に入り 124998 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いくつかある救命講習。おススメが、「上級救命講習」です

おススメの理由その1 おトクだから

「上級救命講習」は、その下位にある各救命講習のカリキュラムを包括しています。その上で、講習時間の差はわずか4~5時間。費やす日にちはどちらも1日です。なので「上級」の受講が一番おトクです。

たとえば、東京都の場合・・・
(開催:公益財団法人東京防災救急協会)

① 普通救命講習(3時間)
・・・ 心肺蘇生、自動体外式除細動器(AED)
   の使用方法、窒息の手当、止血の方法などを学ぶ

② 普通救命講習(自動体外式除細動器業務従事者)(4時間)
・・・①の内容に加えて、知識の確認と実技の評価を実施する

③ 上級救命講習(8時間)
・・・②の内容に加えて、小児・乳児の心肺蘇生、
   傷病者管理、外傷の応急手当、搬送法を加えたコース

 ↑
このように、③の上級救命講習は、普通救命講習①②の内容を含むものとなっています。

おススメの理由その2 仕事や仕事探しにも役立つから

――― 警備業界

上級救命講習の修了を特に重んじているのが警備業界です。俗に「警備業界資格3点セット」、「警備員三種の神器」などと呼ばれる資格のひとつが、上級救命講習です。採用選考時の優遇のほか、修了者に手当を支給する会社もあります。

なお、警備の仕事にも色々な種類があります。ここでいう警備員は、建物等の施設を警備する施設警備員が中心です。

--------------------------------------------------
なお、施設警備員3点セット・三種の神器のひとつ「自衛消防技術試験」については、別にまとめています。どうぞご覧ください。

「自衛消防技術試験」に挑戦しよう。警備員必須。東京ローカルなのに皆に人気!
https://matome.naver.jp/odai/2143733177702315401
--------------------------------------------------

――― 宿泊業界

顧客である宿泊客の24時間すべてに気を配らなければならない宿泊業でも、上級救命講習を重要視するところが増えているようです。

――― マンション管理業界

――― その他の職場

上級救命講習はどこで受講できるの?

各地の消防局や公益団体などが講習を実施。会場は大抵は消防署、消防局庁舎などの消防・救急関連施設です。なお、自治体によって以上の組み合せはさまざまです。混乱しないよう、受講の際や申し込みの際は、しっかりと確認しましょう。

1 2