1. まとめトップ

たくましくて美しいおねえさん、は好きですか?

最近よく聞かれるようになった言葉「どぼじょ」。これは土木系の仕事や学問に携わっている女性達のこと。近年、建築現場で働く女性達が増えており、その台頭はめざましく若い女性のキャリアの選択肢として定着しつつあるようです。

更新日: 2017年10月05日

tAkUさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 69109 view
お気に入り追加

男社会のイメージが強い土木業界。その全体の3%にあたる約10万人は女性。彼女たち土木女子は通称「どぼじょ」と呼ばれ、いま熱い注目を浴びている。

女性の仕事というと、事務や販売、営業などが一般的と思われがち。しかし最近では、さまざまな仕事で女性の積極活用が行われている。その一つが、男性の仕事というイメージの強い建設・土木業界。

出典http://womantype.jp/mag/archives/36205

「土木女子」とは、日本の国土・インフラを支えるお仕事をこなしている女性たちのこと。地震、豪雨、大雪などが引き起こした災害時に、現場に駆けつけて復旧作業に携わることも…。そんな縁の下の力持ち的なところもこなす彼女たちは、今、男性の業界のイメージが強い土木の分野で、技術者としてどんどん育っています。

熊日新聞で、『どぼじょ』=『女性土木技術者』が震災復興の最前線で活躍している記事。

―新聞や書籍でも多く取り上げられる「どぼじょ」。写真集が発売されたり…

土木現場で働く女性の過去の経歴にはモデルなどをしていた女性もいて、土木現場を癒す役割も持っているという。ドボジョの仕事風景や作業着姿、プライベート写真もまぜて掲載されている。

女性のコミュニケーション能力や調整能力は建設現場で高く評価されている

女性はコミュニケーション能力が高く、周囲の人とネットワークを構築して仕事を進めるのが得意なので、段取りや調整に長けていると男性たちからも高く評価されています。工程間のネットワークが重視される建設業に必要な能力に長けているのです。

「体力面では女性が不利」というのも職種によって実情は異なる。建設・土木現場の職種は多岐に渡るため、技術や能力があれば、腕力は問われない仕事もたくさんあるので女性の技術労働者も活躍できる。内装業や電気設備関係、塗装業や造園業なども比較的女性の活躍のチャンスが多い。

建設現場で働く女性は全体の3%にあたる約10万人。国交省は、建設現場で働く女性の数を5年間で倍増させる行動計画をまとめており、現場監督をしている鹿島の村上麻優子さん(30)は「ものづくりの喜びが大きいので、女性も働きやすい環境になれば」。

出典http://www.asahi.com/articles/ASG954HZKG95ULFA00V.html

熊谷組・濱慶子さん(29):「(土木現場の仕事は)大変なこともあるが、感動や、やりがいが大きい仕事」

地下調整池工事現場で働く小松祥子さん(東京都練馬区)

小林さんの父は土木の技術者、祖父は建築家。家族に連れられ氾濫した後の川を見に行き「わたしもインフラをつくり人の暮らしを支えたい」。小学生の時、こう決めた。午前7時に現場に入り午後9時まで働く。体力的にはきついが、「工事が計画通りに完成した時は何とも言えない喜び」。昨年結婚し、家庭と両立させながら現場経験を多く積み「現場を指揮する立場になり、1つでも多くの役立つインフラをつくりたい」と目を輝かせる。

NHKで土木女子(どぼじょ)取り上げられてる! どぼじょ素敵だと思います(  ̄▽ ̄)

土木女子とかテレビでやってるけどうちの子も炎天下の中男と同じ外仕事して、むしろもっと動いてそれでも毎日仕事終わり会おうって言ってくれて、そこらへんでらくしてる男より全然強いしほんと自慢の彼女(笑) pic.twitter.com/9sb9z1sf34

「土木女子!」の写真集が発売されるそうです。 これはぜひ見てみたいです!o(*゚∀゚*)o 「どぼじょ」知ってる? 土木女子、国交相に写真集PR - 朝日新聞デジタル t.asahi.com/fqwx #土木女子 #ドボジョ

土木女子を題材にした漫画もあります

著作:松本小夢
掲載誌:KissPLUS

内容紹介:主人公の名は桜子。銀行に就職したが、重機を操りたいという夢を諦められず、家族に内緒で建材企業に転職した。土木作業服に長袖シャツ、頭にはタオルを巻いて仕事をこなす彼女の毎日を、家族や恋愛の悩みを織り交ぜながら描いている。

土木女子の見てたら環境は違えど状況としては似てるからすっごい共感する。私も大ベテランの男性の方々の中でチーフやることが多くて。わからんことの方が多いのに指示せんとダメで。心が折れそうになることもしばしば。でも夢のため。負けてたまるか!っていっつも自分と戦う日々。

(日本建設業連合会によると)型枠工などの技能労働に従事する女性は9万人で、全体の2・7%にとどまっている。製造業の29・7%、全産業でも22%という数字と比べると、いかに少ないかわかる。

しかし、公共事業が復活し国も女性の活躍を後押ししようと意気込んでいる。ドボジョへの追い風は確実に吹いている。これからのチャンスが見込める業界かもしれません。

1 2





tAkUさん

まとめは個人的に興味をもったことの備忘録感覚ですが、閲覧者のお役にも立てるような内容を意識しています。