このように、全くの偶然に意味を感じる事が起こる事があります。これを、ユングは、共時性【シンクロ二シティ】と呼びました

山中 康裕 氏は著書「臨床ユング心理学入門 」で記載しています
そのような心の現象は実際に多く存在し、従来の確率論で予測される期待値よりはるかに高い確率で生じている

又、河合隼雄氏は「ユングと共時性・著者・イラ・プロゴフ」の解説で記載しています
希望する人にとっては、共時的現象がよく見えるようになる。共時的現象は、実のところよく生じているのだが、我々がそれを把握していないのだ、とも考えられる。「希望する」人は、心が広く開放されているので、共時的現象によく気づくとも考えられる

出典シンクロニシティとはなんですか? - 【シンクロ二シティ】は共時... - Yahoo!知恵袋

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

シンクロニシティとは?

シンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」のことで、日本語訳では「共時性」とも言う。非因果的な複数の事象(出来事)の生起を決定する法則原理として、従来知られていた「因果性」とは異なる原理として、カール・ユングによって提唱された概念である。 wikipediaより引用。

このまとめを見る