1. まとめトップ

安倍晋三首相による内閣改造で総務相に就任した高市早苗衆院議員と、自民党三役のポストである政務調査会長となった稲田朋美衆院議員。首相が推進する女性登用の象徴とも言える2人の、過去の写真が話題となっている。

海外メディアの関心を集めた。仏AFP通信は9月8日付記事で、「写真は、安倍首相が自分の周りを『右寄り』の政治家で固めているとの主張をますますあおる可能性がある」と論評。英ガーディアン紙電子版も2枚の写真を載せて、「(高市議員と稲田議員が)山田氏とネオナチ思想を共有しているとの証拠は何もないが、2人の(総務相と党政調会長への)任命で安倍政権の右傾化がますます進むとの批判が強まってきた」とした。英タイムズ紙のほか、豪州や香港、台湾のメディアもこのニュースを伝えている。

自由民主党の愛国保守議員

我が党は、議会制民主主義を肯定しているわけではないが、次期総選挙では民主党、自由民主党、
たちあがれ日本などの諸政党の中から有権者には少なくとも「保守系議員」と呼ばれている議員達に
票を投じて頂きたい。

自由民主党の中からは、将来自由民主党を背負って立つ、西田昌司議員、稲田朋美議員、高市早苗議員などがその筆頭であり、民主党では長島昭久議員、松原仁議員くらいである。

稲田朋美議員我が党代表の山田一成は2011年6月かに7月にかけて所謂、自由民主党の保守系議員を議員会館に訪れ、民主党政権やその弊害について会談した。今の段階で我が党では西田昌司議員を
自由民主党総裁にし新生自由民主党を打ち出すべきであると考えている。

きたる衆議院、参議院の選挙では、自由民主党では安倍晋三議員、西田昌司議員、稲田朋美議員、
高市早苗議員、佐藤正久議員、山谷えり子議員などの愛国保守議員を当選させなければならない

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する