1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

沢尻エリカさんと高城剛さんの離婚騒動

キーワード
高城剛
「ウソはつかず、隠し事はせず、全部オープンにすることが大事だ!」
→全部オープンにすることが、信頼を得る手助けとなるんだ♪
→ここから、思考の全オープン化というアイデアを思い浮かんだ。

スペイン人男性の発言?
「エリカは僕にとって”恋人”
あるいはこういう表現はしたくないけど
”愛人”といえるかな」

齊藤和真の発言
「エリカは僕にとって”ツインソウル”
あるいはこういう表現は『ロマンチスト』と思われたくないので
したくないけど”運命の人”といえるかな」

「遊びの恋は、私を悪女にする。」
→ツインソウル、運命の人に出会うまでの遊びの恋
「本気の恋は、私を臆病にさせる。」
→ツインソウル、運命の人との本気の恋

『悪女伝説』
「聖女」から「悪女」に変わるコンセプトに感銘を受けたと話す沢尻エリカ
→「沢尻エリカ」という人間そのものを表しているのではないか?・・・

沢尻エリカ
「作られた自分で疲れる(好かれる)よりもリアルな自分で嫌われた方がまだマシかな。」


黒幕・・・真の黒幕は『齊藤和真』w

【つないでいく「別れ」・・・エリカさんの為に「高城剛」が「齊藤和真」が描いた詞に曲を仕上げる・・・そんな意味があるのです】

【夢を見よう・挑戦しよう・脱ぎ捨てよう・・・(心身ともに)美しくなるために・・・】

ある人間が当事者の高城剛の悪口を沢尻エリカに言ったことがきっかけで、「好き」でなくなるならば、その「好き」という感情は、結局は幻だったということ、ただそれだけの事。ただ高城剛さんは僕の存在に気づいていた節を伺える。「エリカに男の影が・・・ツインソウルが・・・」

1