1. まとめトップ

お風呂でカロリー消費!脂肪燃焼を促進する「高温反復浴」でダイエットしよう!

熱いお湯に何回か入るだけで、脂肪燃焼を促進するという「高温反復浴」。入浴法を変えるだけでカロリーを消費できると評判のこのダイエット方法をまとめてみました!

更新日: 2015年06月25日

potekoroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
156 お気に入り 105624 view
お気に入り追加

高温反復浴って何?

高温反復浴とは、40度から42度の熱いお風呂に休憩をはさみながら反復して入浴する、ダイエットに効果的な入浴方法です。

高温反復浴とは、熱いお湯(40℃~42℃)に短時間で
入ったり出たりを繰り返す入浴法です。

入浴法を変えるだけで、消費カロリーが大幅アップ!

高温反復浴の消費カロリーは頑張れば20分ほどで400キロカロリーと、非常にダイエット効率の高い入浴方法です。

1セットの入浴で300~400kcalが消費できるため、毎日続ければ、体重が落ちる可能性が高くなります。

1回の入浴で300~400kcalを消費し、約1~1時間半のウォーキングと同等のエネルギーを使います。

でも、なんでそんなに効果が高いの?

高温反復浴が何故ダイエット効率が高いのかというと、熱いお湯は交感神経の働きを活性化させるため、心拍数や呼吸回数を増やし、消費カロリーを増やす効果があるから

短時間で効率的に脂肪燃焼できるのもメリット

高温反復浴のメリットとしては、短時間で効率的に交感神経が高まり、脂肪燃焼が促進されて半身浴の様に長時間かけなくても効果が期待できる

やり方は簡単!要は熱い湯への入出を繰り返すだけ

1:しっかりと水分補給をする
熱いお風呂に出たり入ったりを繰り返すと、
とてもたくさんの汗をかきますので水分補給をしっかりと摂りましょう。
お風呂場に持ち込むのもOKです。

2:入浴1回目(5分)
軽く身体を流したら、5分間湯船に肩までしっかりと浸かりましょう。
5分間の入浴は慣れないとかなりキツイので、気を紛らわす物
(本・ジップロック入りのアイフォンやスマホ・テレビ・ラジオなど)
を持ち込みますとかなり気が紛れますのでおすすめです。

3:休憩(5分)
湯船から上がり5分間の休憩。
この時に身体を洗っちゃいましょう。

4:入浴2回目(3分)
二度目の入浴をする頃には身体が

代謝を高めるために大切なポイントは、湯温を42~43℃と高めに設定すること

注意点もあります。熱いお湯に入るだけに気をつけて!

高温反復浴はダイエット効果も高いのですが、かなり体力を使うハードな入浴方法です。

熱いぶん体への負担も大きいため、最初に入るときはぬるめのシャワーなどでかけ湯をしてからにしましょう

40度以上のお湯に何度か3分間ほど浸からなければなりません。かなりの温泉通でなければちょっと厳しいのは確かです。

疲れているときや、血圧が高いときなどは、やめておいたほうが無難です。

元気なときでも、1日に2回までを限度にしましょう。

1 2





potekoroさん

シンプルでわかりやすく役に立つまとめ、ポジティブで読むと少し元気がでるようなまとめを目指しています。
なるべく更新していきますので、気になる記事はお気に入り登録していただけると嬉しいです。