1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

天皇が「深い悲しみを新たにいたします」と述べた平成最後の終戦記念日、靖国神社(東京・九段北)には安倍晋三首相はじめ現役閣僚の姿はなく、中国や韓国も一頃ほど神経をとがらせなくなった。しかし、その落ち着きの裏で、靖国神社は“爆弾”を抱えていた。来年、天皇の「代替わり」と創立150年が重なる大きな節目を目前に、前代未聞の問題発言が神社トップである宮司から飛び出したのだ。

◆「そう思わん?」「わかるか?」
 靖国神社では今、来年の創立150年に向け、境内のいたるところで改修工事が行なわれている。だが、その内部では、修復不可能なほどの“綻び”が生じていた。
 6月20日、靖国神社の社務所会議室で行なわれた「第1回教学研究委員会定例会議」で、その重大事は起きた。今年3月に第十二代靖国神社宮司に就任した小堀邦夫氏(68)が、創立150年に向けて新たに組織したのが「教学研究委員会」だった。これからの靖国神社がどうあるべきかを考えるとして、第1回の会議には、小堀宮司以下、ナンバー2である権宮司など職員10人が出席したことが当日の議事録に残されている。
 その会議の場で、靖国神社のトップである小堀宮司から、驚くべき発言が飛び出した。
「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。

終戦記念日がナゼ15日に? 満洲陥落で終戦されるとの御聖断の後に原爆投下があいった。スイスの仲介で米英が天皇家制を戦後も認めると言ったので決団されたとも?・・原爆投下されたから終戦せざる得なくなった。と言い訳することで軍部の不甲斐なさを隠すため?と ソ連から 手柄横取りの米国には都合が良い。 http://blogs.yahoo.co.jp/daiba49/36268743.html

リテラ > 教養 > 歴史 > 昭和天皇の靖国神社への怒りの歌が…
昭和天皇が靖国神社A級戦犯合祀への怒りを詠んだ未発表の歌が…それでも参拝する安倍内閣は“逆賊の集団”か!?

〈靖国の名にそむきまつれる神々を思へばうれひのふかくもあるか〉
「靖国の名にそむきまつれる」というのはかなり激烈な表現だが、実はこの歌は正式には発表されていない。その存在を明らかにしたのは、朝日新聞の元宮内庁担当記者・岩井克己氏だ。

配布先は記者クラブに限定・・?

宣戦布告の1週間前、12月1日の御前会議での発言の記録がない。。

軍部の戦争継続論を退けた終戦決定からは、天皇が自らの意思を強く示したことが読み取れる。

天皇が靖国神社に参拝しない訳

「A級が合祀され(中略)だから私(は)あれ以来参拝していない。それが私の心だ」

〈靖国の名にそむきまつれる神々を思へばうれひのふかくもあるか〉
「靖国の名にそむきまつれる」というのはかなり激烈な表現だが、実はこの歌は正式には発表されていない。その存在を明らかに

「沖縄メッセージ」

1979年にアメリカ国立公文書館でシーボルト氏が残した文書が見つかり、1947年当時、天皇がアメリカによる琉球諸島の軍事占領継続を望んでいたことや、沖縄占領は日米双方に利益をもたらし、共産主義勢力の増大を懸念する日本国民の賛同も得られるなどと述べていたことが記されていた。

米軍による沖縄の軍事占領継続を希望したとされる「沖縄メッセージ」

沖縄人は 沖縄を売り渡した。  沖縄をだけが・・・? 最も基地問題で苦しくのは不当だ。日本からの独立問題が大きくなり・・本土の保守勢力との戦いが激化の心配である

実録はあくまで「官製」だ。一方に歴史学者らの長年の研究の積み重ねがある。両方を突き合わせて初めて昭和天皇の実像がつかみ取れる。その作業が欠かせない。

1