1. まとめトップ

保湿・便秘・脱水症状にも効く!?【グリセリン】って何?

人間の体内にも含まれる【グリセリン】。その凄さ、使い道などをご紹介しています。最後に手作り化粧水の説明もあるよ!

更新日: 2014年09月11日

15 お気に入り 57054 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

m1ono1mさん

■効果もいろいろ!グリセリン

←これで500ml

多機能なのに
1000円前後というコストパフォーマンス!

■グリセリンて何?

植物、海藻、動物などに広く含まれるアルコールの一種です
グリセロール(glycerol)とも呼ばれています

もともと私達の体内にも存在するそうです。

水分を引き寄せる性質があるので
化粧品の原料や食品の甘味料として広く利用されてます

■何から出来ているの?

ヤシ油やパーム油などを原料とした天然グリセリンと
石油を原料とした合成グリセリンがありますが
最近では天然グリセリンが主流

■どちらが良いの?

植物由来というと、聞こえはいいですが
合成品のほうが純度は高いです

医療現場では安定性の高い合成品を使っているそうです
オーガニックを選ぶか、純度を選ぶか、ですね

■どんな所が素晴らしいの?

グリセリンは潤いを保つと共に、肌を弱酸性に保ちます
お肌の潤いを守る菌として、美肌菌とも呼ばれています

グリセリンは、その吸湿性から角質層に潤いを与え、肌荒れを抑制するといえます

■色々な用途

精油と水のつなぎとしても使用される。

手作りの化粧水を作る時には欠かせないアイテム

・吸水性乾燥肌、乾燥による肌荒れ、ひび、あかぎれ
  皮脂欠乏性湿疹

・おだやかな抗菌作用
 
・緩やかな抗アレルギー作用

■脱水症状を防ぐ

グリセリンを大量の水で薄めて
運動をはじめる45分から90分前に飲んでおくという方法

運動前に水分を摂っても、すぐに汗や尿で排出されてしまいます
しかしグリセリンローディングなら、最大で4時間の保湿効果があるそうなのです

■便秘にも効果的

グリセリンを入れると
水分を吸収するはずの大腸から、逆に水分を引き出す効果がある
便に溶け込むので、便を柔らかくする効果が高い
この二つから、便が非常に効率よく柔らかくなる

『浣腸』にグリセリンが使われているのはこのためだそうです。
グリセリンで浣腸を自作する人もいるとか。

次は、心配な人も多い「ニキビにはどうなの?」についてです。

1 2