七五三は元々「七歳」「五歳」「三歳」の際に執り行われていた、それぞれ別の儀式をまとめたもの。

出典意外に知らない、七五三の基礎知識 | mamatenna

幼児が三歳になると行われた、髪を伸ばし始める儀式「髪置き」。五歳になった男子が初めて袴をはく「袴着」。七歳を迎えた女子が、それまでの子ども用の付紐をやめて、普通の帯を使い始める祝儀「帯解き」です。

前へ 次へ