「当時、“落書き”でトラブルになった時、長嶋さん側への後処理は、江角さんのご主人が窓口となったと聞いたことがあります。仮に元マネジャーが独断で行ったのならば、その責任は当時の事務所が持つはずですよね…。」

出典江角マキコ 落書き謝罪したのはバイキングに抗議殺到したから│NEWSポストセブン

テレビ局関係者

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

今さら聞けない、江角マキコ「一茂宅落書き騒動」の一部始終

あちこちで断片的に聞こえてきた今回の騒動ですが、何が起きていたのかきちんと知らなかったのでまとめてみました。|女性セブン、週刊文春、長嶋一茂、バカ息子、ブログ、元マネージャー、明石家さんま、芸能界引退、不倫、別居、離婚

このまとめを見る