1. まとめトップ

【ドビュッシー】映画で一番使われている曲は?

ドビュッシーの曲は、ドラマや映画など各方面で使われていますが、その中でも一番映画に取り入れられている曲は何か気になったので、調べてみました。

更新日: 2014年11月11日

9 お気に入り 16120 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tissy_Uさん

映画で最もよく使われたドビュッシーの曲は、ベルガマスク組曲第3曲の「月の光 Clair de lune(1890年)」 です。

「月の光」は、ベルガマスク組曲の中で最も有名な曲。ポール・ヴェルレーヌの同名の詩からインスピレーションを得て作られました。

「ファンタジア/ Fantasia」1940年(アメリカ)

ウォルト・ディズニーの映画「ファンタジア」より。当時は画期的だった「映像で音楽を表現する」作品の金字塔。名声を博したレオポルド・ストコフスキーの指揮によるフィラデルフィア交響楽団の演奏と神秘的な映像がイメージをより深めている。

「100万人の音楽/Music for Millions」1944年(アメリカ)

6歳の女の子が、ニューヨークに住む姉のところにやってきて、一緒に住むようになる。姉は妊娠しており、自分が所属するオーケストラの女性メンバーと共に住んでいた。陸軍のキャンプへ巡業に行くため準備をしていたさなか、姉の夫が戦死した知らせが届く。メンバーは赤ちゃんが生まれるまで、秘密にしておくことにする。オーケストラは、軍の関係者である聴衆のために、次々とクラシックのスタンダードナンバーを演奏。ハーモニカの名手ラリー・アドラーが奏でる「月の光」は情感にあふれ、映画は姉が夫からの手紙を読むクライマックスへと続く。

「そして船は行く/E la nave va」1983年(イタリア)

第一次世界大戦勃発前夜の豪華客船。名ソプラノ歌手の遺言どおり、遺骨を故郷の海にまいて弔うため、彼女を慕うたくさんの人たちが各方面から集まる。幻想的なシーンのイメージを高める音楽として、「月の光」が流れる。

「ライトスタッフ/THE RIGHT STUFF」1983年(アメリカ)

マーキュリー計画で成功を収めたライトスタッフは、NASA主催のイベントに招かれる。その時ステージダンサーのバックに流れていたのが「月の光」。ダンサーの踊り、ライトスタッフのメンバー、学歴がないだけで選ばれなかった孤高のパイロット、チャック・イェーガーの飛行シーンが次々と映し出される中、月面着陸を目標とする「アポロ計画」を暗示させる構成となっている。

「恋のためらい フランキーとジェニー/FRANKIE AND JOHNNY 」1991年(アメリカ)

フランキー(ミシェル・ファイファー)とジョニー(アル・パチーノ)の恋愛ストーリー。過去にとらわれ心を閉ざすフランキーのためにジョニーがラジオDJにリクエストした曲が「月の光」。

「アブラハム渓谷/Vale Abraão」1993年(フランス・ポルトガル・スイス合作)

真実の愛を求めながら人生に翻弄される女性を描いた、現代版「ボヴァリー夫人」。月の光がテーマ音楽になっていて、ドビュッシーだけでなくベートーヴェンやシューマンの曲も使われている。

「オーシャンズ11/OCEAN'S ELEVEN」2001年

「オーシャンと十一人の仲間」(1960年)のリメイク版。ラスベガスを舞台に、ダニー・オーシャンと仲間たちがカジノの金庫破りを企てる。映画の終盤で、カジノの噴水をバックに流れる「月の光」とともにクライマックスを迎える。

「月の光」が使われている映画リスト

「黄金時代/L'âge d'Or (Golden Age)」1930年(フランス)
「孔雀夫人/Dodsworth」1936年(アメリカ)
「ファンタジア」1940年(アメリカ)
「情炎の海/ Frenchman's Creek」1944年(アメリカ)
「100万人の音楽/Music for Millions」1944年(アメリカ)
「Without Love」1945年(アメリカ)
「ジャイアンツ/Giant」1956年(アメリカ)
「007カジノ・ロワイヤル/ Casino Royale」1967年(アメリカ)
「アントニエッタ /Antonieta」1982年(スペイン)
「そして船は行く/E la nave va」1983年(イタリア)
「ライトスタッフ/THE RIGHT STUFF」1983年(アメリカ)
「恋のためらい フランキーとジェニー/FRANKIE AND JOHNNY 」1991年(アメリカ)
「青いパパイヤの香り/L'odeur de la papaye verte」1993年ベトナム・フランス共同制作
「アブラハム渓谷/Vale Abraão」1993年(フランス・ポルトガル・スイス合作)
「ゲーム/The Game」1997年(アメリカ)
「死者の学園祭」2000年(日本)
「ざわざわ下北沢」2000年(日本)
「リリイ・シュシュのすべて」2001年(日本)
「オーシャンズ11/Ocean's 11」2001年(アメリカ)
「マイ・ボディガード/MAN ON FIRE」2004年(アメリカ)
「つぐない/ Atonement」2007年(イギリス)
「ダージリン急行/ THE DARJEELING LIMITED」2007年(アメリカ)
「Ocean's 13」2007年(アメリカ)
「トワイライト 初恋/ Twilight」2008年(アメリカ)
「トウキョウソナタ」2008年(日本)
「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」2009年
「RISE UP ライズアップ」2009年(日本)
「エクリプス トワイライト・サーガ/ The Twilight Saga: Eclipse」2010年(アメリカ)
「黄色い星の子供たち/ La Rafle(The Round Up)」2010年(フランス)
「猿の惑星 創世記/ Rise of the Planet of the Ape」2011年(アメリカ)
「ツレがうつになりまして」2011年(日本)
「ビザンチウム/ Byzantium」2012年(イギリス・アイルランド)
「アメリカン・ハッスル/ American Hustle」2013年(アメリカ)
「ウィークエンドはパリで/ Le Week-End」2013年(イギリス)
「楽隊のうさぎ」2013年(日本)
「ザ・パージ/ The Purge」2013年(アメリカ)

1