出典 xn--it-e83a0d6ae29c5fndsh3d5554by1fx3cnz8bsv5b8g9c6mxdxm1a.com

首塚大明神(右京区)

国道9号線の老ノ坂峠にある首塚大明神は、平安時代に源頼光等によって征伐された酒呑童子の首が埋められた場所として伝えられている。
観光地しても名高い同所であるが、心霊スポットとしての知名度も高い。
噂としては、鳥居をくぐると呪われるという話や、心霊写真がよく撮れる場所としても有名である。
また神社に訪れると様々な呪いにかかるという噂もあり、京都内でもかなり危険な場所として認知されている。

この情報が含まれているまとめはこちら

京都の【ヤバい】心霊スポット・廃墟13ヶ所

京都の心霊スポット、廃墟についてまとめました。メインは心霊スポットで廃墟はおまけ程度にまとめてあります。

このまとめを見る