1. まとめトップ
  2. ガールズ

これだけは避けたい…彼氏との喧嘩別れの原因になる「余計なひと言」

感情的になるとつい言ってしまう「もう別れる」などの余計なひと言は、意図しない喧嘩別れを招いてしまいます。そんな喧嘩中のNGワードを紹介します。彼氏と仲直りして関係を続けていきたいと思うのなら、喧嘩中の自分の発言に少し気を付けてみましょう。

更新日: 2015年06月01日

mn14106さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
389 お気に入り 208178 view
お気に入り追加

♥つい言ってしまう「余計なひと言」

恋人と喧嘩した時、ムカついて、つい言わなくてもいい余計な一言を言ってしまう時ってありますよね。

ついカッとなって言ってしまった言葉がたとえ本位ではなくても、言われた側は深く傷つくもの。

けんか中に言うと別れの危機を招きかねない「余計なひと言」とはどんな言葉なのでしょうか。

①「距離を置きたい」

物理的・精神的に距離を置くと現在の相手の感情を把握することが難しくなり、距離を置くことをやめるタイミングも言い出しづらくなってしまう

距離を置いてしまうのではなく、一緒に解決策を見つけたほうが、絆が深まります。

②「もう好きじゃない」「別れる」

簡単に口走ってしまった別れの言葉が、本当のサヨナラに繋がることも心に据えてくださいね!

③「付き合わなければよかった」

一時的な感情で「つき合わなければよかった」と発する本音は、非を全面的に相手に押しつけているだけ。「自分の人生は自分で責任を持つ」という覚悟が足りないかもしれません。

④「その考えは違う」

男性にとって自分の主張や意見を反論されそれを認めること=負けることになってしましまいます。特に好きな女性にそう言われると余計負けたくない思いから間違っていても認めないことが多いのです。

言葉は時として凶器になり、人の心を深く傷つけることがあります。本当に別れたくないのであれば、口にすることは控えましょう。

⑤「もういい」「もう知らない」

話したくないという意思表示になるので、お互いの態度がますます固くなってしまいます。

彼はきっと「話しても聞く耳を持たない」「話し合いができない」と思い、なぜ自分がそう感じたかを説明しなくなるかもしれません。そうすると問題を根本から解決することが難しくなるので気をつけましょう。

♥彼氏に嫌われない3Sの法則

ケンカをする際のポイント。それは

1:ショート=短く
2:シャープ=鋭く
3:スマイル=笑顔

の“3S” で怒っていること。

たとえ気まずい空気が残っていても、笑顔でいるようにしましょう。あなたが笑顔でいることによって、相手も抵抗なく仲直りできるようになります。

お互いに気遣える余裕があれば、喧嘩別れしなくて済む場合もあると思うので、極力感情的なひと言は避けるようにしましょう。

1





mn14106さん

何か生活に取り入れられるものがあったり、新しい発見があるとうれしいです。