木村伊量社長は「調書を読み解く過程で評価を誤った」とし、「表現を取り消すとともに、読者のみなさまとともに、東電のみなさまに深くおわび申し上げます」と謝罪。

出典朝日新聞、「吉田調書」報道の誤り認め謝罪 木村社長「改革の道筋つけた上で進退を判断」 - MSN産経ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

朝日新聞 「吉田調書」記事取り消し 木村伊量社長「進退について速やかに決断したい」

慰安婦報道に続いて今度は「吉田調書」の記事を取り消すことになった朝日新聞。木村伊量社長は社長報酬を全額返納し、今後の自分の進退についても結論を出すようです。

このまとめを見る