メーガンが8歳になった頃、ジョンは、ネブラスカ大学でロバート・ストーンヒル博士と出会う。彼はポンペ病を研究している人物の一人で、ポンペ病治療の薬品開発を研究していた。ジョンは子供達のために全てを捨てて、博士と共に製薬会社を設立する。

出典小さな命が呼ぶとき - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実話を基にした『小さな命が呼ぶとき』から学ぶ命の大切さ。

アメリカであった実話を基に子どもの命を守るためならどんなこともやり遂げる親の覚悟。ハリソン・フォードが出演と製作総指揮を兼任しています。

このまとめを見る