1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

しかも有働アナの場合、中高年女性への受けは良くても、若い女性からは『イケメンに馴れ馴れしい』と不評です。『あさイチ』ではV6・井ノ原快彦との軽妙な絡みが見ものでしたが、その井ノ原は番組開始時にはすでに既婚者でした。それに対して『news zero』では独身バリバリの櫻井とコンビを組むため、井ノ原相手の感覚で馴れ馴れしくしようものなら、嵐のファンから総スカンを食らうのは確実。さらに同番組では元乃木坂46の市來玲奈アナが月~水のカルチャー&お天気担当を務めますが、今年入社の市來アナに新人イビリなどかませようものなら、今度は男性視聴者も敵に回すことでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 有働アナにとっては右を向いても左を向いてもハザードだらけという四面楚歌状態の「news zero」。この調子だとせっかくのリニューアルも、新MCの有働アナと共に沈没という悲惨な結果になりかねない。よもや「NHKを辞めなきゃよかった!」なんてことにならなければいいのだが‥‥。

いざ番組が始まってみると、緊張からかコメントを噛み、進行もグダグダな場面が目立つ。

 試行錯誤はしているのだが、局面を打開することができない。日テレ内部では本人が望まない「有働救出プラン」を水面下で進行させているという。前出・日テレ関係者が明かす。

「NHK退社後、民放キャスターとしてデビューさせた手前、2年間は局側からクビ宣告をするつもりはありません。『zero』には乃木坂46出身で新人アナの市來玲奈もカルチャー・お天気担当で出演しています。かつての乃木坂ファンが番組を見てくれると期待されていたのですが、今のところ視聴率にはつながらなかった。次なる手として、何らかのテコ入れをしなければ手遅れになるため、看板アナの桝太一か水卜麻美の起用案が浮上しているのです」

 11月13日発売のアサヒ芸能11月22日号では、早くもピンチを迎えた有働のほか、「戦力外通告」されたTV美女たちが直面する「非情な現場」を特集している。

――NHK退職後、どんな生活をしていますか?

 「一昨日イスラエルから帰ってきました。今まで行きたかったのに行けなかったところに行く日々です。中東、特にイスラエルは新人時代からモサド(情報機関)の本を読んできたので興味がありました。だけど中東のニュースを聴いたり、自分で伝えたりしてもどこかひとごとで、一度きちんと自分で行くべきだと思っていました」

 「今回、頂いた退職金でパレスチナ側、イスラエル側それぞれのジャーナリストにコーディネートをしてもらい、別々の日に案内してもらいました。同じ国の、すぐ近くに住んでいるのに主張が全く違う。本を読んで知っていたものの、どちらの言い分も、実際に目にして聞いて、やっと体の中に入ってきた感じがします」

降板は世間に衝撃を与えた。

「“プライベートを充実させたい。年齢的にもそろそろ自分の時間が欲しい”という希望があったそうです。連日午前4時半に起床し、早朝に局入りする生活を8年も続けています。他に特番やナレーションの仕事を行い、2012~2015年には紅白歌合戦の総合司会も務めました。48才でこの激務を続けるのはかなりの負担。

 今のあさイチは彼女とイノッチ(井ノ原快彦)の掛け合いの和やかさがウケて人気番組に成長しましたし、同時間帯の視聴率1位を独走する番組のMC降板はよほどのことですが、局側もここまで貢献してくれた本人の申し出を断ることは難しかったのだと思います」

@emi_ishigami @YahooNewsTopics NHK女子アナ、最近モノを知らない子ばかり採用のバカばかり。養育係何やっているんだか?近江アナのモノの知らなさはタモリにより判明するブラタモリ。有働さん、フジテレビの剽… twitter.com/i/web/status/9…

#NHK は『有働×はに丸ジャーナル~2017年 年忘れ無双SP~』 まんじゅうにもなり、流行語大賞に選ばれた「忖度(そんたく)」の正体とは?何度も目にした謝罪会見。その裏側にあるものとは…?来年を幸せに過ごすためのヒントも!今回は、はに丸の“おともだち”有働由美以下略

「私事ですが、48歳になるのにまだ結婚できなくて。視聴者のみなさんが心配して“縁結びのお守り”をくださるんです。なんと100個以上集まっちゃいました(苦笑)」

大阪の名門・北野高校主催の講演会が2月に都内で行われた。卒業生代表として演壇に立ったのが、NHKの有働由美子アナウンサー(48)。講演会の一幕で、お得意の“自虐ネタ”を披露し、笑いを誘っていたという。

有働アナといえば情報番組『あさイチ』で不動の人気を誇るNHKの看板アナ。彼女には“結婚できないキャラ”というイメージも強いが、この数年“結婚間近”と言われ続けてきた。13年12月に本誌がスクープしたのが、5歳年下の青年実業家A氏との熱愛だ。

NHKの有働由美子アナは吉田が登場するなり「キャーッ」と黄色い声をあげる 他 有働

NHKの有働由美子アナで、『あさイチ』では連日「嘉納ちゃーん」「嘉納さまー」「わたしが嘉納さまと結婚する」と吠えまくり、

スペシャル番組『夜だけどあさイチ』に吉田鋼太郎がゲストに来ることが決まった際は、「嘉納さまがー、ついにー、あさイチにー、クルー!」とザキヤマ調で絶叫したほど。もちろん、『夜だけど〜』の本番でも、有働は吉田が登場するなり「キャーッ」と黄色い声をあげるMAXハイテンションぶり。NHK広報のツイートによれば、当日の有働は滝川クリステルを目指した本気メイク、しかもアイプチで二重にするという気合いの入れようだったという。

1