日本国内のオンラインファイル共有市場規模は2018年に115億円に達する見通しとなっております

出典オンラインストレージを業務で利用しているユーザーの45%は個人向けサービスを利用

IT調査・コンサルティング会社である株式会社アイ・ティ・アールの調査結果(※)によると、日本国内のオンラインファイル共有市場規模は2018年に115億円に達する見通しとなっております。(2013年実績は39億円)2014年5月には米国Box社がオンラインストレージ「Box」の日本語版サービスを開始するなど、参入ベンダーが増加し、市場ニーズも拡大していることから、同市場の年平均成長率(2013年~2018年度)は24.1%と、高い伸び率で推移すると予測しています。

関連ページ
https://securesamba.com/information/1073/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【2019】法人向けオンラインストレージ比較、ファイル共有サービスの市場動向

業務効率化を目指す企業などで働き方改革が追い風となり、法人向けオンラインストレージを導入する企業が増えています。オンラインストレージの利用目的は、企業間のファイル転送、社内外での共同作業、スマートデバイス活用、ファイルサーバやバックアップを代替するものとして活用されています。

このまとめを見る