業務におけるオンラインストレージの利用実態調査
業務でオンラインストレージを利用しているユーザーの45%は個人向けサービスを利用(Dropbox が約 3 割のシェア、GoogleDrive は 20%)

出典https://www.startia.co.jp/news/pdf/20141022.pdf

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニングの調査結果(※)によると、日本国内のクラウドストレージ市場は 2017 年に 800 億円に達する見通しとなっており(2012 年実績は 570 億円)、高い伸び率で推移すると予測しています。

一方、大手オンラインストレージサービスの情報漏えい問題が報道されるなど、その利便性だけでなく利用の上でのリスクも意識することが重要となっております。
特に従業員が個人的に使用しているオンラインストレージを会社に許可なく業務で利用することは、企業にとって大きなリスクとなる可能性があります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【2019】法人向けオンラインストレージ比較、ファイル共有サービスの市場動向

業務効率化を目指す企業などで働き方改革が追い風となり、法人向けオンラインストレージを導入する企業が増えています。オンラインストレージの利用目的は、企業間のファイル転送、社内外での共同作業、スマートデバイス活用、ファイルサーバやバックアップを代替するものとして活用されています。

このまとめを見る