社内外で大容量ファイルの受け渡しをするのによく使われているサービス。

社内外で本格的にファイル共有を行うのに欠かせないデバイス認証やパスワードポリシー機能(不正アクセス防止)、さらに業務用アプリでファイルの閲覧だけ許可しファイルをダウンロードさせないプレビュー機能(情報漏えい対策)など最近ニーズの高いセキュリティ対策が見られない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【2019】法人向けオンラインストレージ比較、ファイル共有サービスの市場動向

業務効率化を目指す企業などで働き方改革が追い風となり、法人向けオンラインストレージを導入する企業が増えています。オンラインストレージの利用目的は、企業間のファイル転送、社内外での共同作業、スマートデバイス活用、ファイルサーバやバックアップを代替するものとして活用されています。

このまとめを見る