1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

舛添さん問題、公私混同をいくら追及しても政治資金規正法上、違法にはならない。メディアは分かっているのか?これは政治倫理の問題。普段の記者会見で、もっと言えば、普段から議会が追及し、有権者に政治... ln.is/synapse.am/con… via @hayakawah

都構想が否決された橋下大阪市長は午後11時過ぎから記者会見に応じたが、リーガロイヤルホテルの会見場は意気消沈した記者であふれていた。

 NHKが反対派の勝利を報じた瞬間にはどよめきが起きて、「なんで、こんな僅差なのに打てるんだ?」という声も出た。そんな中で始まった記者会見で橋下市長が政界引退を明言すると、未練たらしい質問が続いた。

「負けたとはいえ、60万票の期待があるんじゃないか」「(市長任期が切れる)今年の12月には劇的な変化が起こっているかもしれないが、その場合はどうするのか」「10年後、20年後に期待が高まったらどうするのか」

 揚げ句は「140万人が投票して、たった1万票差でいいんですか。悔しくないんですか」なんて質問まで飛んでいた。

 橋下市長は「もう一度2万%出ないって言わせたいんですか」などと笑っていた。

 メディアがこれだけ未練タラタラなのは橋下市長の記者掌握術のうまさだけでなく、橋下市長は視聴率を稼げる男だという現実がある。テレビ局の幹部は「大阪都構想が否決されると困る。他

橋下大阪市長が、住民投票で都構想が否決された場合、引退すると明言した
ある維新の党の議員は「実現できるとの確約を得たことの裏返しだ」と強調
橋下氏が引退すれば、維新が民主党と連携を強化するとみる向きもある

現在も公私で橋下氏と親交がある光代氏は「橋下さんって、あの人、すごいまともな人なんですよ」。政界進出後の“ケンカ屋”のイメージが強いせいか、周囲には当時のマネジメントが「やりにくかったのでは?」と聞かれるそうだが、光代氏は「すごくやりやすかったんですよ。文句ひとつ言わないし、体力あるから、移動を何度繰り返しても平気。『大丈夫です、大丈夫です』って言ってましたね」と明かした。

高校生の娘を持つ橋下氏に、光代氏が「もうすぐ、あと何年かで(彼氏連れて)来るわよ」とイジると、橋下氏は「考えられない」とマジ返し。とはいえ、橋下氏も年頃の娘の帰宅時間は気になることを漏らしたそうで、これに光代氏が「あなたもそれぐらいの歳の時には恋人がいたでしょ」と突っ込むと「(娘には)絶対いない、絶対いない」と反論していたという。

1