1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

忍者スポーツ「パルクール」が危なカッコイイ!

サスケでたら最強そうw

更新日: 2015年07月07日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2261 お気に入り 486684 view
お気に入り追加

世界中に上級忍者がいるらしい

まるで現代の忍者のように、身ひとつで壁を這い上がったり、飛び降りたりといった超絶パフォーマンス

パルクールとは?

走る・跳ぶ・登るなどの移動動作で体を鍛える方法。

周囲の環境を利用した身体動作でどんな地形でも自由に動ける肉体と困難を乗り越えられる強い精神の獲得を目指します。

エクストリームスポーツでもある

フランス発祥のエクストリームスポーツ

簡単に言ってしまえば、特別な道具を使うことなく、人工物または自然の障害によって動きが途切れることなく、効率的に目的地へ移動することが目的のスポーツでもあります。

パルクールを実践する人々は一般に「トレーサー」と呼ばれ、主に「スポット」と呼ばれる周囲の環境を利用して練習を行います。

現在、パルクールは日本を含め世界中で様々なスタイルで実践されており、移動術、トレーニングメソッド、パフォーマンス、アート、ライフスタイルや哲学など パルクールの捉え方は多岐に渡っています。

ただし、パルクールは「芸術」「パフォーマンスアート」「移動するための技術」との考え方もあるため、一概には、エクストリームスポーツと呼ぶ事ができないという考え方もある

現在、日本には大小あわせて約70チーム存在すると言われており、定期的にオフ会が行われているそうです。

「パルクール」と「フリーランニング」の違いは?

派手でアクロバティックな動きを伴う技は大体フリーランニングと区別されています。

テレビで放映されるのは、視聴率を稼ぐのに適したフリーランニングを映すことが多いです。

概念的に移動術はパルクール、それにアクションを付けたのがフリーランニングという感じ

パルクールは"効率性・運動性を重視したもの"、フリーランニングは"競技性・パフォーマンス性を重視したもの"

とにかくこの身軽な動きがすごい!

【パルクール】

【フリーランニング】

「心技一体」が必要不可欠

どちらをやるにせよ、共通して必要なのは筋力

筋肉がしっかり育っていないと、技として完成しないばかりでなく、ケガが起こりやすくなります。パルクールを始める前に1年間は筋トレだけしろと言っている人もいるくらいです。

パルクールは心と体が結びついて初めていろんなことができる

培った筋肉を自分の意のままに動かせるかどうかがテーマになってくるので、そもそも精神との結びつきがないと成り立たないトレーニングなのだそうです。

とにかく見てるだけでハラハラドキドキ…けど見てしまう

1 2





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する