1. まとめトップ

【布おむつ育児】これをそろえれば準備OK!あとは家にあるもので。

布おむつ育児に必要な道具を集めました。新しく必要な物は『布おむつ』と『おむつカバー』くらいでしょうか。(『パラソルハンガー』も必須かも!?)あとは家にあるものでできます^^ 気軽に初めてみてください。

更新日: 2015年04月29日

happyukiyoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 19220 view
お気に入り追加

おむつ いろいろ

30枚でも大丈夫かと思いますが、60枚くらいあれば安心。
 さらしを購入して自分で縫うこともできますし、縫ってあるものも売っています。輪っかになっていて、乾きやすいです。
 10枚1300円〜

 輪おむつはたくさん使えば使うほど、やわらかく吸収もよいので、中古やおさがりのおむつがいいなーと思います。

たたむ手間のない成形おむつです。難点は輪おむつに比べて乾きにくいことです。成形おむつを輪おむつに包んで使ったりすることもできます。
 形。素材さまざまで、赤ちゃんの足のうごきを妨げない、ひょうたん型のものもあります。
 8枚1300円〜

家にある収納箱でオッケー。ちなみにうちでは写真のものを使っています。輪おむつを4つ折りてぴったりサイズなのです。

家にあるバケツでオッケー。うちのはホームセンターで売ってるようなよくある青のポリバケツですが、こんなオシャレなバケツもいいですね。
 フタ付きが臭わなくてよいようです。

輪おむつを乾かすのにとっても便利!一家に一台。あって損はないパラソルハンガー。写真のもので20枚乾かせます。
 1000円くらい〜

おむつカバーは素材、デザイン、値段も様々!

うんちがついてもガンガン洗える。某赤ちゃんグッズ通販カタログで購入したカバーはすぐにマジックテープがダメになってしまいました。布おむつカバー専門で作っているところが良さそうです・・・。

おむつカバー、手作りする方も多いです。お裁縫が得意、好きな方ならぜひ手作りに挑戦してみてください。自分の好きな布で作れます。(かわいいんですよ、コレが)
 市販のものだとサイズが合わないということがありますが、自分で作れば、子どもの腿のサイズ、ウエストサイズを調整できます。

素材は綿、ポリエステル、ウールなどさまざまなものが売られています。新生児で50サイズ(すぐにサイズアウトしてしまう、ビッグベイビーだと最初から50サイズは小さいことも)
 値段は500円くらいから4000円のものまで様々。
中古、オークションでも手に入るが、防水加工がとれていることもあり、注意。
 洗うことを考えてまずは同サイズで3枚くらいあると安心。

春も夏も秋も冬も!おひさまに当てるだけで匂いが消えます!ふしぎ。。。うんちのときはラノリン入りの洗剤で洗います♫

タッチするようになってからは、サイドスナップのパンツタイプのおむつカバーが便利☆

おしっこのことは、タッチしたまますこし下にずらし中のおむつのみを取り替えればOK

うんちの時はサイドスナップを外して取り替えれば汚れません。

無駄がなくてよいです。普通のパンツに輪おむつをはさむということもしてました。

おしりふき いろいろ

成分によってはおしりが荒れちゃうこともありました。

どうせ布おむつを洗うのだから手間は一緒。布のおしりふきをつかうのも手です。 ↓

濡らして使うと、とってもいい感じ!
布おむつと一緒に洗濯機にポイでOK♫

 マイクロファイバー布で簡単に手作りできそうですー

あると便利!

うんちのついたおむつを洗うときに便利!愛用してます。
 100均などにも売っているようです^^

うんちの回数の多い新生児期などに重宝。うんちそのまま捨てられておむつを手洗いする手間がありません。

 1人目の布おむつ育児の時「うんちに触らなくて良いし、めちゃ便利!」と思ったのですが、2人目の時はうんちを洗うことに全く抵抗がなくなったのと、敷く手間>洗う手間になり、まったく使っていません。

かわいい!お出かけとかにいいなー、テンション上がるなー、欲しいなーと思っていたのですが・・・

結局、スーパーの袋を使っています。。。何回か使ったら捨てます。楽ちん。

服はトップスのみで下はレッグウォーマー+おむつだと、おむつ替えがとっても楽ちん!暖かい季節はおむつのみでOK。布おむつならではの見せおむつ。かわいいカバーでテンションが上がります^^

布おむつ関連お役立ちまとめ

こちらもどうぞ^^

1

関連まとめ





【テーマ】布おむつ・おむつなし育児/株主優待/自給自足

このまとめに参加する