1. まとめトップ

世界最強の経営者イーロン・マスクとは??

最近何かと話題の人物であるイーロン・マスク、多くの日本人はテスラ・モーターズのCEOとしての認識が大きいかもしれません。しかし、彼の顔は単にひとつの車の会社のCEOという一言では語れません。今回は彼の経歴、今後の展望について紹介します。

更新日: 2014年09月15日

10 お気に入り 5960 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jonjon1005さん

イーロン・マスク(Elon Musk)
1971年6月28日生まれ
南アフリカ共和国・プレトリア出身

幼少期から学生時代

彼の生い立ちから大学までの情報を箇条書きで簡単に挙げます。
・南アフリカで生まれる。
・10歳のときにコンピュータを買い、プログラミングを独学で勉強し、12歳のときに最初の商業ソフトウェアであるBlasterを販売する。
・南アフリカでの徴兵やアメリカへの希望を理由に1989年にカナダに移住する。
・その後、アメリカのペンシルバニア大学ウォートン・スクールで学位を取得する。
・1995年にスタンフォード大学の大学院へ進むが、2日在籍しただけで退学をし、ここから彼の経営者の人生が始まる。

イーロン・マスクに関連した会社

兄弟のキンバル・マスクとともに、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を起業します。この会社はのちにコンパック社のAltaVista部門に買収され、マスクは3億700万USドルの現金と、ストックオプションで3400万ドルを手に入れます。

インターネットショッピングをしたことがある人は一度は見たことがあると思いますが、2001年にPayPal社を創業します。
その後、eBay社に15億ドルで売却し、自身は1億7千万ドルを手にします。

2002年に宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、現在同社のCEO及びCTOに就任しています。
スペースXは民間企業として世界で初めて軌道に乗った宇宙機の回収に成功し、同社では再利用可能なロケットの開発を行っています。

先日、日本にも遂に導入されましたが、イーロン・マスクは電気自動車会社のテスラモーターズの会長兼CEOでもあります。
この会社の作った車の素晴らしい部分は、くるまの車のすごいところは車の不具合を無線によるアップデートで改善することができることです。

高速走行時に最低地上高が上がる様にエアサスペンションに無線でアップデートを行いました。

2013年12月、Teslaはこの問題に対応した無線ソフトウェアアップデートを公開しました。これは、車両への入力電力が想定以上に変動したことを検知すると、モデルSのオンボード充電システムが充電電流を25パーセント下げるようにするものです。

上記のように、多くの問題をアップデートで解決することができます。まるでスマートグリッドのようですね。

2006年には太陽光発電会社ソーラーシティを従兄弟であるリンドン·リーブと共同で立ち上げ同社の会長に就任しました。この会社の技術により、テスラモーターズの電気自動車の充電が可能になっています。

今後のビジョン

彼はTEDにて今後の自身の展望、世界全体の展望を述べています。
ちなみに、彼は学生時代から「インターネット」「クリーン・エネルギー」「宇宙」の3つの分野に従事したいと考えており、現在までに全ての事業に携わっています。

1