10年間で、年収200万円以下のワーキングプアが218万人増え1032万人になり、一方で、年収2千万円以上の層が14.9万人から22.1万人に増えています。

出典サラリーマンの年収は10年で30万円減、結婚も困難な貧困層増大、一方で配当3倍・役員報酬20%増|すくらむ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サラリーマン世帯の貧困化!中流家庭の崩壊!日本の格差社会の現状

日本でもサラリーマンの給与所得が大幅に減少して、格差社会が進行しています。中流家庭が崩壊して、金持ちと貧乏人に分けられてきています。年収600万円のサラリーマンでも、子育てをすると非常に厳しい状況です。貧困が原因で大学に進学できない若者も増えています。

このまとめを見る